<   2007年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧


ぽぽの里帰り

まだまだ暑い日が続きます。

夏休み…私たちは実家のある浜松に帰省しました。
いつも忙しかったり、ワン&ニャンのことがあったりするので、なかなか
暑いこの時期に帰ろうとは想わなかったのです。

でも今年は、久しぶりに家族とのゆっくりとした時間を過ごしたいね…
二人ともそんな思いになり、ニャンたちは親切なお隣さんにお願いをして
これまた久しぶりの電車&新幹線を乗り継いでの帰省となりました。

もうひとつの帰省の目的…。
それは、ぽぽの遺骨をあの仔が生まれ育った静岡の海にまくことでした。
親しくさせて頂いている仕事仲間であり、ぽぽちゃんレスキューの中心となって
くださったAさんご夫妻が、その日私たちにお付き合いしてくださいました。
きれいなことで有名な御前崎の海に、遺骨をまこうと想ったのです。

けれど不思議なことが起こりました。

Aさんの生徒さんであり、ぽぽの生家とのご縁もあって、ぽぽちゃんの
レスキューをお願いしてくださったMさんご夫妻が、普段住んでいる大阪から
この日にあわせたかのように、静岡に来ることになったのです。
そしてMさんは、私たちがぽぽのために御前崎に来ると聞いて、急きょご一緒して
くださったのでした。

Mさんはぽぽの生家を知っています。そして、思いがけずにぽぽの生家に
行くことが出来たのでした。
そこはすでに空き家になっていたため、家も荒れ放題、庭の草木も伸び放題でした。
その中に、ぽぽと、そしてぽぽの子供たちであるクロちゃん、チョゴちゃんの
犬小屋が三つ、草むらの中に見つけることが出来ました。

そして、ぽぽが使っていたという食器・・・アルミの片手鍋がそこにころがって
いました。

私たちの知らない、ぽぽの10年以上の歴史…その地に来ることによって、
感慨深い、そして言葉にならない想いが深いところからこみ上げてきました。
確かに、大変な状況の中でぽぽたちはレスキューせざるを得なくなりました。
けれど、それまで確かに、ぽぽはこの家の持ち主たちに愛されてきたのでしょう。

帰ってきたかったんだね。
そして、私たちに見せたかったんだね。

今はすでに肉体のない、風となったぽぽからのメッセージのようでした。
澄み切った青い空が眩しくて、
私と主人の頬を、静かに涙が流れました。

私たちの知らないぽぽ。
楽しかった思い出も、苦しかった思い出も、この家と家族と共に過ごしてきた、
そのぽぽのすべてに触れさせてもらえたようで、
私たちはただただ…ありがとうの想いしかありませんでした。
庭先に小さな穴をほって、ぽぽの白い遺骨をそっと埋めました。
良かったね、ぽぽ、帰ってこれたんだよ。

暑い夏の日。
私たちの想いに寄り添って、ずっと付き合ってくださったAさんご夫妻、そして
Mさんご夫妻に…
本当にありがとうございました。

これからも私たちは、ずっとぽぽと共にあるでしょう。
ずっとぽぽを愛し続けることでしょう。
そして、
ぽぽに出会わせてもらえたことを、ずっと感謝し続けることでしょう。

青い空、青い海。潮風の匂い。ぽぽの生家があった場所…。
私たちは決して忘れません。

ぽぽ…ありがとう。

f0081100_15291472.jpg
[PR]

by aromagarden | 2007-08-21 15:30 | 香りの庭へようこそ(動物) | Comments(0)

我が家ブランド

久しぶりのお弁当です。

本日のおかず
・豆腐カツ(前日の夕食に出しました)
・がんもどきの煮物(こんにゃく、人参、まいたけ)
・もやしのポン酢和え(わかめ、ソイハム、錦糸卵、しそ)
・ミニトマト

らふぃー(以下ら):「ねぇ、昨日お隣のYさんが家に来てくれたの。でね、
庭でとれたからってミニトマトをおすそ分けしてもらったんだよ」
キントキ(以下キ):「おぉ、そうか~。Yさんのところのトマトは美味しいからな。
Yブランドだからなぁ」

ら:「えぇ~(笑)、何、それ」
キ:「だって、Yさんのところは地植えで、しっかりと作っているじゃないか。
そういうのは美味しいから、もうブランドと同じなのさ」

ら:「あっ、それなら我が家のお野菜もブランドだよ。だって今年は初めて庭に
お野菜コーナーを作ったでしょ。地植えにしたらプランターで作って失敗した
茄子も、すごく大きいのが出来たんだよ、ほらっ!(茄子を1本見せる)
キ:「な、なんだ~このでかいの!」

ら:「でしょ~、私もびっくりした。まだトマトは青いけれど、もう少ししたら
収穫できるよ。それからね。初めてオクラの苗を植えてみたけれど、何だか
可愛いのが出来てきたよ。こっちも楽しみ~」
キ:「そうか~、我が家もブランド野菜か~(?)そうそう、今年のしそはいまいちだな。
やっぱりプランターだと難しいかな。来年は同じく地植えにしてみたらどうかな」

ら:「そうだね、そうしてみる。今日のお弁当にはYブランドのミニトマトと、
我が家ブランドのしそが入っているからね」
キ:「そうか、お野菜ブランドのコラボレーションだっ」

…いまいちピントがずれている我が家の会話ですが、今年は庭の片隅にせっせと
お野菜コーナーを作り、茄子・トマト・オクラの苗を植えてみました。
すくすく育って、もうすぐ収穫の時期です(茄子は採れています)。
お野菜コーナーの周りは雑草がすごくて、まるで「自然農法(笑)」
大地の恵みと太陽からの恵みを頂いて、作る喜びを味わっています。f0081100_89338.jpg
[PR]

by aromagarden | 2007-08-11 07:56 | 香りの庭へようこそ(過去) | Comments(0)

鎌倉1DayTrip

私たちの夏休み第一弾として、鎌倉まで日帰り旅行を楽しみました。

なぜ鎌倉かって?理由はあきれるほど単純なのです。
友人のお墓参りに東京まで出たとき、久しぶりに在来線に乗ったのですが、
そのときの会話

「ねえ、この湘南新宿ラインって、横浜とか茅ヶ崎とかまで続いているみたい」
「へぇ、じゃあそれに乗って、今度そっち方面に行ってみようよ」

ずっとお家にいて、ぽぽのことばかり考えてめそめそしていたら、それこそ
ぽぽが心配しちゃいますからね。
私たち生きている者が、しっかりと人生を楽しんでいくことは大切だと
思っています。

私たちの鎌倉行きを知った友人が、「じゃあ鎌倉で会おうよ!」と言ってくれ、
現地で待ち合わせ。
初めて行く鎌倉はどこかしら海の匂いがして、私たちの住む海なし県とは
やはり違います。
そして、由緒あるお寺と緑の多さが、私たちの心をほっと和ませてくれます。

初めてですから、お決まり?のコースを案内してもらい、そして3人で
心ゆくまでおしゃべりを楽しみました。
久しぶりに海が見たい、と稲村ガ崎まで江ノ電で行って、潮の香りも堪能。
少しだけヒールのあるサンダルで来たのですが、私の足が痛くなるほどに
歩き回りました。
いっぱい笑って、いっぱい食べて…時間が本当にあっと言う間に過ぎて
いきました。

ぽぽの話もいっぱい聞いてもらいました。うん、親ばかの自慢話(笑)
心優しい友人は、私の気持ち、主人の気持ちもにこにこと受け止めてくれ、
一緒にぽぽとの時間へタイムスリップしてくれました。
こんなふうに受け止めてくれ、励ましてくれる友人、知人がたくさんいる
私たちは、本当に幸せで恵まれていると思います。

旅って、いいなぁと思います。ちょっとした日帰り旅行であっても、気持ちの
転換がとても出来ます。日常の中で煮詰まってしまったときも、視点を
切り替えてくれるお手伝いをしてくれます。

心地よい鎌倉の風に吹かれて…
海風と共に、優しさというお土産を手にして、帰途に着いた私たちでした。

※江ノ島をはるかにのぞむ
f0081100_17225732.jpg

※お約束?鎌倉の大仏さまです
f0081100_17241324.jpg

[PR]

by aromagarden | 2007-08-07 17:25 | 香りの庭へようこそ(過去) | Comments(0)
line

アロマセラピスト夫婦+ワン&ニャンのハッピーライフ


by aromagarden
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31