<   2007年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧


ありがとうとさようなら

f0081100_1450163.jpg


我が家の愛犬ぽぽが 7/20(金)の夕方 旅立っていきました。
あまりに突然のお別れでした。
我が家に来て2年と4ヵ月の短い時間でした。

推定年齢12~14才。来たときはすでにフィラリア重度でした。
静岡でぽぽの子供たち2匹と一緒に、ボランティアの方たちにレスキュー
されました。
子供たちはそれぞれ愛知県のお宅へ引き取られました。
ぽぽは、子供たちとお別れするときに涙をこぼした…とレスキューされた方から
伺いました。

静岡から長野の妹宅へ一旦移動。その後の山中での脱走事件。
いろんなことを経て我が家にたどり着いたときは、あまりの疲れに
玄関先でまぁるくなって、いびきをかいて眠っていました。

嫌な事も、悲しい事も、ワンコなりにそれなりにあっただろうに。
ぽぽは本当に穏やかでおおらかな仔でした。

近所のワンコたちに吠えられてもどこ吹く風…
果ては保護した仔犬の母親代わりも立派に努めた。
苦手だった車での移動も、受け入れてくれて
一緒にいろんなところへ行ったよね。
お散歩がご飯よりも大好きで、いろんな匂いを嗅ぎまわっていたぽぽ。
庭先で風に吹かれて、満足げにうたた寝していた姿。
お風呂は苦手だったね。病院もちょっと苦手。
でも怒ることなく、怖そうに震えながらも、私たちを見上げる目は
信頼してくれていたんだなぁと思う。

仕事の出張先に連れていくことを許可して頂いたから、
いつもぽぽと遠出が出来た。
たくさんの仕事仲間に愛されて、ぽぽちゃん、って声をかけてもらって。
いつしか「おやじ顔のぽぽちゃん」なんてあだなもついて。
レスキューした頃と顔が変わったね、毛づやも変わったねって、
みんなが自分のことのように喜んでくれたね。

去年の夏の細菌性皮膚炎。
嫌なはずなのにエリザベスカラーをおとなしくつけて、
2ヵ月間、私たちにすべてを預けてくれた。
パパもママも一生懸命看病させてもらえたから
本当に綺麗に治ったときは、とても嬉しかった。
痒い思いをさせてしまって、本当にごめんね。

いろんな思い出が蘇る…鮮やかに、今も続いているかのように…

いつもようにお散歩に行って、いつものところでうんちして。
いつものようにご近所のワンコに挨拶して。
家の前まで来て、突然の心不全。

ぽぽは本当にいい仔だった。
だから、パパとママがいる目の前で、パパとママの腕の中で
静かに、あっけなく逝ってしまった。
倒れてから病院で心臓が停止したことを告げられるまで…
20分くらいしかなかった。

フィラリア重度の症状は全く出ていなかった。
本当に元気で、うっかりすると病気の事も老犬だっていう事も
忘れてしまうくらいだった。
それでも少しの変化も感じていたから、出来る限りの注意は
していたよ。
これから迎えるだろう老犬介護の準備もするつもりだったんだよ。

最期の日、ぽぽの犬小屋の前でせっせと草取りをしていたら、
後ろから感じる遠慮がちな、でも優しい視線…。
振り向くとぽぽが、
ぽぽが本当に穏やかで優しい目をして笑っていた。
あまりの愛しさに「ぽぽ~」って抱きしめたね。

病院の診察台に乗せられたぽぽに、最期のお別れで
しがみついて泣いていたとき
ぽぽの目から涙が零れ落ちたのを見たよ。

この2年間・・・
どれほどの思い出を共に作ってきただろう。
どれほどぽぽに癒され、たくさんの愛をもらってきただろう。
幸せだったと思う。
本当に幸せだった…私たちとぽぽ。

言葉にならない想いがあります。
溢れ出る想いは今、私の中に満ちていて、そしてこれからも共に
その想いの中で私たちは生きていくことでしょう。

あなたに出会えて本当に良かった…
ありがとう
愛しているよ、ぽぽ。

※本当にたくさんの方からぽぽと私たち宛てにお花、お電話、
メールなどを頂きました。皆さんにこれほどに愛された私たちとぽぽは
最高に幸せ者だと思います。
この場をお借りして、厚くお礼申し上げます。
f0081100_14533881.jpg

[PR]

by aromagarden | 2007-07-27 14:56 | 香りの庭へようこそ(動物) | Comments(0)

トリートメントのココロ

研究科上級もいよいよ大詰めの生徒さんがいらっしゃいます。
トリートメントの練習に励んでいるところですが、最近では
卒業生(資格保持者)の方にトリートメントモデルになって頂いて、
様々なところをチェックしてもらっています。

背中のトリートメントをしているとき…。
私がモデルになっているAさんに尋ねます。
「圧の具合はどうですか?手は温かいですか?気づいたことが
あったら言ってくださいね」

Aさんはこう言いました。
「圧はちょうどいいです。手も温かいです。でも…」
「でも?」
「なんて言うか、エネルギーがあまり感じられない。伝わって
こないんです」
どういうこと?と想われる方もいらっしゃるでしょう。

私は生徒さんに聞きました。
「今、何を考えてトリートメントしていました?ストロークの呼吸や
手技に気を取られていませんでしたか?」
生徒さんははっと気づかれたようです。

アロマトリートメント…深くからリラックスでき、癒される施術には
手技だけではない大切なものがあります。
それは、私たちセラピストの、『相手を想う心』というものです。
出会わせていただいたクライアントさんが癒されますように…
リラックスされますように…幸せな気持ちになりますように…
そんな優しい想いで身体に触れさせていただくのと、
ただ機械的に手技に没頭するのでは、
やはりクライアントさんの受け止め方は大きく異なってくるのです。

一生懸命施術に励んでいた生徒さんは、真剣なあまり
その優しい心をつい置き去りにしてしまったようでした。

深呼吸と共に気持ちを切り替えてもらいます。
そうすると、手に付けたトリートメントオイルさえも優しい香りに
変わってきます。
穏やかな表情に変わった生徒さんの施術は、先ほどとは違う、
とてもゆったりとした見ていて気持ちの良いものに変化しました。

「Aさん、どうですか?何か変わりました?」
「はい、急に手が熱くなって、何だかとっても気持ちよくなりました~」

人の感覚はバカにできないもの…。
そして、人の心は「エネルギー」として必ず相手に伝わるもの…。
私たちは、心のこもったトリートメントをお伝えしています。
それが優しい癒しとなるように…
[PR]

by aromagarden | 2007-07-17 18:41 | 香りの庭へようこそ(過去) | Comments(0)

お見舞い申し上げます

今朝、新潟中越地方で、大きな地震がありましたね。
ここ群馬でも結構大きく感じるほどでした。

テレビでは随時情報が流れてきています。
その映像に、思わず涙が浮かんでしまうこともあります。

新潟には、お仕事を通して出来た私たちの大切な友人・知人が
たくさん住んでおります。
そしてそのご家族ももちろん、住んでおります。
友人達の無事を確認でき、ほっと安心していますが、未だ被災地では
大変なご苦労をされている方たちが大勢います。
そして、私たちのように新潟に大切な人、家族が住んでいる人達の
心配や不安を想うと、とても他人事とは思えません…。

まず、今の私が最初に出来る大切なこと…。
実際にお役に立てることを模索しながら、一番最初にさせて
頂きたいこと…。
それは、私たちの想い…心を届けたいということです。
今すぐに何も出来なくても、心だけは届けてあげたい。
心だけは無限大に届けてあげることが出来るから…。
新潟の方たちへのお見舞いの想いを、いっぱい送らせて
頂きます。

どうか1日も早い復興がされますように…。
この出来事で傷つかれました新潟の皆様の心が、少しでも
安心され、安らげますように…。
[PR]

by aromagarden | 2007-07-16 18:28 | 香りの庭へようこそ(過去) | Comments(0)

嬉しかったお便り~幸せな犬生、その後…Vol.3

郵便受けに、見慣れぬ文字で主人宛の手紙が来ていました。
「どなたから?」と思って裏を見ると…。

以前保護したワンちゃんの里親さんからでした。
我が家に一番長く居た『ベル』ちゃんです。

少し重みを感じるそのお手紙には、たくさんの写真が入っていました。
そしてお手紙には、
ベルちゃんの今の様子と暖かい丁寧なお礼の言葉が書かれていました。

兄妹犬の心慈朗くんのお写真はこちらにも掲載させて頂いていますが、
本当にそっくり…笑っちゃいました。
今ではすっかり凛々しくなり、何だか得意げに背筋を伸ばしてオスワリ
しているところが、とても可愛いです。
もう10kgを超えたそうです。心慈朗くんも、お兄ちゃん犬山太くんを
追い越した体格になったとのことです。

でもね。
一番可笑しかった写真は…
それくらいに大きくなったにも関わらず、ぬいぐるみをしっかり
抱えていたことでした。
甘えん坊なベルちゃんらしい。
ひとしきり笑って、そしてほわっと暖かい涙がにじみました。
こんなに幸せに暮らせて、本当に良かったね…。

あのとき助かった生命。それが今こうして、私たちに優しい想いと
幸せを届けてくれる。
思い浮かぶのは 『ありがとう』たくさんの『ありがとう』です…
[PR]

by aromagarden | 2007-07-06 22:04 | 香りの庭へようこそ(動物) | Comments(0)

知ることと理解することとは

思春期の頃の私は、とてもナーバスな子でした。
とても多感で、自分の感情や心に振り回されることが多かったのです。
そして、心というものがとても不思議でした。
どうしたら「平穏な日々」が過ごせるのだろう…と悩んでいました。

だから、進路は心理学を学ぶ事を選択しました。
心理学を勉強することで、少しでも自分の心を知り、コントロールできる
かも知れないと想ったのです。
心理学の勉強は楽しかったです。大学では大切な友人も出来、とても
充実した時間を過ごすことが出来ました。

けれど、最初の目的は達成されませんでした。
心理学を一生懸命学んでも、私の心は相変わらず暴れていたからです。

今、私はアロマセラピーを学び、アロマセラピーをお伝えする身として、
必ず生徒さんにお話することがあります。
精油をいっぱい使ってください。
たくさんの体験をしてください、と。

アロマセラピーには様々な視点からのお勉強があります。
精油の成分的な勉強もそのひとつ。そしてそれは大切なことでも
あるし、素晴らしいお勉強でもあると思っています。
けれど、
精油の成分を知っていることと、精油を使って癒されることは
別のことなのです。
どんなに精油の成分を知っていたとしても、使ってみなければ
分からないのです。
精油の何が素晴らしいのか…それこそ使ってみて自分が体験して
初めて理解できるものなのです。
そして感動することが出来るのです。

癒される…それは頭で理論づけられることではありません。
心理学を学んでも、癒されることはなかった私のように。
癒される…それは体験なのです。
精油という地球の恵み、生き生きとした生命エネルギーのつまった
ツールを通して、自らが体験していくことなのです。
そして、頭ではない、心で、身体で、魂で体験したことは
確実に自分の中で糧となり、次へのステップへ導いてくれるのです。

昔好きだったフランス映画の監督さんが、何かのインタビューで
こんなことを言っていました。
『知っていることと理解していることは違うんだ』

知っていても…それは本当に理解したこととは違う。
理解するということは、自分の感覚すべてで実感したことなのだと
私は思います。

揺るぎのない癒された感覚。
自分の感じた体験。
それこそがアロマセラピーという醍醐味でもあるのです。
[PR]

by aromagarden | 2007-07-05 22:53 | 香りの庭へようこそ(過去) | Comments(0)

ベルガモットの香りが好き♪

梅雨時になると、どうしてもすっきりとした香りに惹かれます。
ペパーミント、ローズマリー、ユーカリ・・・。

しとしとと雨が降る日の朝、いつものように精油棚から今朝の芳香浴の
香りを選んでいました。
ふっ…と手を伸ばしたのはベルガモット。
何気なく香りを確かめて…
「おぉ、なんていい香りなんだ~!」と妙に感動してしまったのです。

で、その日はどの部屋にもベルガモット(笑)。
単純なんですね、私。

ベルガモットの香りは柑橘系。北イタリアのベルガモという町で生産されて
いるミカン科の果実です。
アールグレイの紅茶の香り付けにも使われているのです。

ベルガモットは、精油の中でもブレンディングファクター(香りの強さ)が
最も弱いとされています。
その儚げな香りがまた…いいのです。
そして、他の香りとブレンドしてその良さが発揮されるという、なんとも
奥ゆかしい香りでもあるのです。

特に目立った理由がなくとも…例えば雨が続いて何となく気持ちがめいって
しまうようなとき。
ベルガモットの香りを嗅いで、ほっとすることがあります。
優しくて暖かいのです。優しく包まれている…そんな感じです。
もちろん身体に働きかける様々な効能もあるのですが、何よりもこの
ベルガモットの香り…私の心がとっても欲していたようでした。
少しだけ、和みたかったのかも知れません。

今日は様々な精油とブレンドしながら、ベルガモットの香りが家中に漂って
いました。
明日の私…どんな香りを選ぶのでしょう。
どんな香りで癒されるのでしょう。
[PR]

by aromagarden | 2007-07-04 22:32 | 香りの庭へようこそ(過去) | Comments(0)

1年の折り返し地点…7月

f0081100_1231970.jpg

少し涼しくなってきた夜中に、カモミールのハーブティーを飲みながら
ブログに向かっています。

今日からいよいよ7月…ちょうど2007年も半分を過ぎたということですね。
時間が経つのは早いなぁと思います。
折り返し地点まで来て…改めて今年の私自身の歩みを振り返ってみます。

頑張っているところ
足りないなぁと気づいたところ

いろいろあっても、まずは頑張ってきた自分をちゃんと認めてあげて、
これからの半年を幸せに過ごすために生かしていこう、と思います。
気持ちが新鮮になってわくわくしてきますね。

さて、私たちのお仕事について、お知らせをさせて頂きたいと思います。

アロマセラピースクール&トリートメントルーム・アロマ☆ガーデンでは、
7月より定休日が変更となりました。

毎週日・月休みとなります。
オープン時間は10:00~21:30となります。
完全予約制となっております。レッスンやトリートメントの予約等が入って
いますときは、大変申し訳ございませんが対応が難しくなってしまいます。
ご来訪の際にはお手数ですが、事前にご連絡をいただけるよう、お願い
申し上げます。
また、研修等で臨時にお休みを頂くこともございます。何卒ご了承
くださいますよう、重ねて申し上げます。

アロマセラピスト養成コースの新規クラスがスタート予定です。
土曜日クラス…午前クラスか夜クラスを選択できます。
すでにこのクラスでの受講希望の方がお待ちしていますので、
すぐにレッスンがスタートできます。
ご希望の方にはガイダンスとしてスクール説明をさせて頂きます。
詳細については資料請求等お問い合わせください。
[PR]

by aromagarden | 2007-07-01 01:09 | 香りの庭へようこそ(過去) | Comments(0)
line

アロマセラピスト夫婦+ワン&ニャンのハッピーライフ


by aromagarden
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31