<   2007年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧


倶会一処

今日はお仕事をお休みさせていただいて、東京まで行ってきました。

少し前、友人から連絡を頂いていたのです。
去年亡くなった友人のお墓が出来たよ…と。

その友人は、主人の高校時代からの親友でした。
彼と彼のご家族と、私たち・・・。会う機会は減っても、いつもお互いを
思い、信頼し、そしてこの暖かな関係はずっと続くものだと思っていました。
私たちの人生の中で、彼らとの素敵な時間が、このまま優しく積み重ねられて
いくのだと…疑うことはありませんでした。

彼の時間が38歳で止まってしまった去年の6月。
どれだけ私たちは泣いたでしょう。どれだけ彼を思ったでしょう。
悲しみの中で他の友人たちと支えあいながら、自分たちの中に
この出来事を受け入れていくには、時間が必要でした。

彼のお墓は、彼が愛してやまない「谷中」の地にありました。
季節の木々が植えられた緑豊かな墓地に、彼の名前が刻まれた
新しい墓石がそっとたたずんでいました。
そして
その墓石にはこう刻まれていたのです。

「倶会一処」

通常は「○○家之墓」と刻まれる部分に書かれたその言葉…。
それは、
お経の中にある「また会いましょう」という意味であると
教えてもらいました。
その言葉を墓石に刻む…彼の奥様らしいなぁ…と思います。

また会えるのは
あの世でのことなのか、それとも輪廻転生のことなのか…
私には分かりません。
でも、
この1年の中でずっと大切にしてきた想いがあります。

彼と出会って、彼と彼のご家族と共に過ごしてきた時間。
そこから私はたくさんのものをもらってきました。
本当にかけがえのないものをもらってきたのです。
だから
私の中に彼はずっといるのだと…。
彼からもらった大切なものが、何度も私の中で温められ、
生かされていくのだと…。
私たちが彼のことを
感謝の想いで思い出すとき、
私たちは彼にまた出逢っているのでしょう。

爽やかに吹く風の中に。
きらきら光る木漏れ日の中に。
優しく香る花々の中に。
そして
私の中に…
[PR]

by aromagarden | 2007-06-30 22:31 | 香りの庭へようこそ(過去) | Comments(0)

女性ならやっぱり…☆

今日は、先日行われたトリートメント研修の補講がありました。
新しくバージョンアップしたフェイシャル…そのスキルをぜひ
身につけたい、とやる気いっぱいのお2人の参加です。

ちょうど金曜日に、お願いしてあったスチーマーが届きましたので、
そちらも実際に試してのトリートメントレッスンでした。

まぁ…本当に楽しい、心うきうきと弾むレッスンでしたよ~(笑)
やはり女性にとっての『美』…人生を豊かに生きていくためにも
絶対に欠かせない要素ですものね。

年齢によって衰えていく肌、しわ、しみ、たるみ…。
それらはどうしても仕方のないことでもあります。
そして、それもまたその人の人生を示す、素晴らしいものでもあると
私は決してそのことを否定はしません。
その上で…自分の肌というものに向き合って、一生懸命お手入れして
あげたいと思っています。

新しいスキルのハンドテクニック。
生徒さんからあがる感嘆の声…「うそ~、ここのしわ、なくなっている!」
「えーっ、目を開けるのがすごく楽だよ!」
「ちょっとぉ、何だか肌の色が白くなったみたい」

新しいスチーマー体験。
生徒さんからあがる感嘆の声…「ぎゃー、先生、気持ちよすぎる~」
「先生、お願いします。首のところにも吹きかけて!」
「これ、ティッシュオフするのもったいない。すごいローズの香りです!」

ひとつひとつに感激して大騒ぎの生徒さんに、私も思わずるんるん♪
この短時間での効果に、驚きを隠せなかったようです。

美しさ…それは内面を伴ってこそ。癒されてこそ、初めて真の美しさを
知ることが出来る…。
そして、やはり美しさは心と身体を磨く努力であり、癒す努力でもあると
思います。
美しさから手に出来る自信…ぜひ手にしてみませんか?

※スチーマーの準備が整いましたので、改めて新しいフェイシャルのメニューを
ご紹介させていただきます。

・Newフェイシャル・・・約45分 5250円

New・フェイシャル+デコルテ・・・約60分 8400円
蒸しタオル等の時間は含まれておりません。お時間に余裕を持って
お越しいただければと思います。
[PR]

by aromagarden | 2007-06-17 09:55 | 香りの庭へようこそ(過去) | Comments(0)

風邪引きとアロマ

日曜日、月曜日と浜松に行っておりました。
その翌日…たくさんのことを学んでうきうきしている心の状態とは
裏腹に、一気に調子を崩していく私の身体。

久しぶりに風邪を引いてしまいました。

去年の11月に体調を崩しましたが、それ以来です。普段が元気なだけに
自分でもショックです。
何より大好きなお仕事が出来なくなる、家事が出来ずに主人に迷惑を
かけてしまう…それもとても辛いことでした。

病気はメッセージです。何かそこに気づいていかなくてはならないことが
必ずあるから、病気という形でその大切なことを教えてくれるのです。
そして、今までの淀み、いらない感情を解放していくための『浄化』とも
言えるのです。

たくさんのことを振り返り反省しながら、こういうときにはたくさんの癒しの
ツールに助けていただきます。
風邪の症状に対応する、ユーカリ、マージョラム、カモミール、ペパーミント…
それらをスプレーだったり、アロマバスだったり、湿布法、吸引法…と、
ありとあらゆる方法を駆使して使わせていただきました。
クリスタルを使ったヒーリングも、もちろんたくさんさせていただきました。

熱でぼーっとする意識の中…今まで持っていた様々な淀みを、ひとつひとつ
手放していきながら、これらのツールに囲まれて、主人に支えられて、
ただただ、感謝しかありませんでした。

病気は、確かに辛いものだし早く治ってほしいものでもあります。
けれど、
私にとっては大切な「思いやり」や「優しさ」を学ぶ機会でもあり、
「謙虚な心」を取り戻す機会でもありました。

たくさんの優しさを頂きまして、本当にありがとうございます。そしてこのように
ご心配をおかけしてしまい、ごめんなさい。
喉の調子がまだ完全とは言えませんが、回復をしております。
たくさんのありがとうと共に、私もまた新鮮な気持ちでスタートです。
[PR]

by aromagarden | 2007-06-16 17:36 | 香りの庭へようこそ(過去) | Comments(0)

私だけの貴方

昔、昔…。
まだ幼い頃に聞いた『運命の赤い糸の人』。
どこかに必ずいるという、私が結ばれる相手のことを、
おませな私は夢みるかのごとく想像していました。

そして年月を経て、現実社会にたくましく生きながら、
『運命の人』とは、ただの理想論、夢物語…と片付けている
私もいました。

今…
私の隣には大切な、私だけの人がいます。
運命の赤い糸の人…その言い方が適切かどうかは分かりません。
ただ、
彼に感じる不思議な感覚は、私とってどこを探してもやはり彼だけで
あるのだと思います。
彼ともっともっと、ひとつになりたい。
彼ともっともっと、寄り添っていたい。

たった一人の人…。
それは、もう一人の私。私自身そのもの。
きっとようやく長い時間を経て、再び出会うことが出来た人。
とても懐かしくて…彼でなければダメだという感覚。

確かに
世の中には男性はたくさんいます。
もしかしたら、私が昔描いていた夢の王子様のような人もいるかも知れない。
でも、私の片割れはやはり一人しかいません。
一途な想いは、やはり彼にしか向かないのです。

この感覚を、どれだけの人が感じていらっしゃるのでしょうか…。
誰にでもいる、たった一人の人。
愛する魂の片割れ…魂の伴侶…
[PR]

by aromagarden | 2007-06-11 17:20 | 香りの庭へようこそ(過去) | Comments(0)

ふわふわ☆フェイシャルトリートメント

私たちのスクールでの新年会にて、トリートメントチケットをゲットされた
生徒さんから、予約を頂きました。
『デコルテフェイシャル』です。

先日トリートメント研修旅行にて、このフェイシャルが大幅バージョンアップを
しまして、今月から新しいメニューに移行しています。
この生徒さんが、最後の旧メニュー体験者となりました。

私たちのフェイシャルトリートメントはすべてオールハンド、スキルもかなり
高いと感じています。
けれど一番大切なことは…繊細な指先の動きから、同じく繊細でふわふわした
エネルギーを流せるか、ということなのだと思います。
手技だけが上手でも、それは決して素晴らしいトリートメントとは言えないし、
癒されるトリートメントとも言えないのではないかなぁと思っています。
だから
手技の練習はもちろんですが、やはり大切なエネルギー…。
ふわふわした優しいエネルギーが出せる、プロのアロマセラピストしての
生き方を大切にしていきたいと思っています。

少しだけ夢の世界に行かれた生徒さんのお顔に、
これまた少しだけ新しい手技をそっとサービスさせて頂いて・・・。
一生懸命頑張っている貴女に、
たくさんの感謝とエネルギーを送ります。

フェイシャルトリートメントのエネルギーは

『ふわふわ』・・・

優しい、優しい生き方から生まれるものなのですね。
[PR]

by aromagarden | 2007-06-08 21:58 | 香りの庭へようこそ(過去) | Comments(0)

彼方から

『インターネットカフェ』なるものにハマって、どれくらいになるでしょう。
インターネットは家でも出来るのですが、何が魅力って、あの膨大な
漫画の数です。
時たま愛車『おてんばキャサリン』に乗って、お気に入りのネットカフェへ。
主人がいるときはストップがかかるのですが、一人で行くと…大変です。
先日は6時間パック料金となりました…。

先日まで夢中になっていて、14巻すべて読み終えた漫画に
『彼方から』というのがあります。
何気なく手にとって、何気なく読み始めたのですが…

これがすごい!
アロマの生徒さんにもお勧め!(笑)

いかにも少女マンガの王道…という感じです。ストーリーは簡単に言うと
異次元の世界に入ってしまった女子高生「ノリコ」が、運命の人「イザーク」と
出逢い、様々な冒険を経てその世界を悪から救う…というものです。

でもね、その中には本当に素敵な学びがいっぱいつまっていました。

ノリコの、一途にイザークを想う気持ち…
どんなときも目の前にある出来事に一生懸命立ち向かう強さ…
イザークが、呪われた運命の中で自分自身を見出していくプロセス…

わぁお、何だか奥深くまでびんびん響くぞ~!という感じです。
そしてやはり冒険と戦いには『悪』と『正義』、『光』と『闇』という対峙が
つきものなのですが、
この主人公のお2人…決して闇や悪を否定しないのです。
すべてを包み込んでしまうのです。

あまり詳しく書いてネタばれしてしまうといけないのでこの辺にしておきますが
本当にいいぞ~と想った漫画は手元に置きたい私。
『ぼくの地球を救って』に続き、今せっせとこの『彼方から』を揃え始めて
いるところなのです♪
[PR]

by aromagarden | 2007-06-07 21:41 | 香りの庭へようこそ(過去) | Comments(0)

幸せな犬生、その後…Vol.2

心慈朗くんのママから頂いたメール…あまり楽しかったので、
ご許可をいただきまして、抜粋して転載させて頂きます。

写真ではかなり、おすましをしているのですが・・・
何しろ男の子2人(匹)ですので。物がやぶれたり、壊れたりするのは普通の
出来事です。(苦笑)

●心慈朗のあだなは出世魚のように変化しました。  エンジェル ---> ブラック
エンジェル ---> ジャッカル
●心慈朗の目は和犬にないアイライン&シャドーがくっきり・びっちりエジプシャン
なみに入っています・・・
●心慈朗はYahooの宣伝部長ではないかと思うくらいに『ヤッフー!』と鳴きます。
遠吠えも調子っぱずれな『ヤッフー』です。
  (マリンちゃんと同じ、とても臆病で、怖がりです。暗闇から人がでてくると驚
いて『ヤッフー』です。でも強い?兄山太がいるおかげで少しずつ無駄吠えがなく
なってきてます。)
●心慈朗は現在、『あまがみ』とはなんぞや?の講習を山太から毎日、受けていま
す。噛みすぎて、時折、山太にぎゃふんと言わされています。山太は疲れ気味で、目
の下くま太です。
●心慈朗は既に『おすわり』『握手』ついでにこっちも『握手』と『待て』は意味は
わからないかもしれないけど、山太のまねをしてやってます。(うちの子一番!親馬
鹿です。)
●心慈朗のしっぽは鼓笛隊です。喜びを目一杯、しっぽで表すので『ぱちぱち・ばち
ばち』ドアや壁をたたきます。

※前回のはおすまし写真、これはちょっとおどけ気味!?
f0081100_17124731.jpg

※愛嬌顔は昔から得意…山太くんがとても凛々しいです
f0081100_17131476.jpg

※何だか同じようなこと、ぽぽにもしていたよね
f0081100_17133423.jpg

[PR]

by aromagarden | 2007-06-06 16:11 | 香りの庭へようこそ(動物) | Comments(0)

幸せな犬生、その後…

以前このブログにも書かせていただいた、4匹の保護ワンちゃんたち。
その後、それぞれの暖かい家庭に引き取られて、すくすく育っているそうです。
そのうちの1匹…ライラくんこと、心慈朗くんのママから、嬉しいメールと
お写真を頂きました。

メールに添付された写真を見て、びっくり!びっくり!びっくり~!(しつこい)
だって、あんなに赤ちゃん赤ちゃんしていたお顔が、すっかり男の子になって
いたんです。
京都に行ったまりんちゃんは、もともと美人顔だったせいか、まりんママの
HPに掲載されているまりんはあまり変化がなかったように感じています。
(もちろん、随分大きくなっているのは確かなのですが)
心慈朗くんはタレ耳だったのがすっかりお耳も立派になっていました。

そして、本当に嬉しかったこと…。
あれだけ険悪だったという先住犬の山太くんと、今ではとっても仲良しという
ご報告でした。
もともと心慈朗くんは物怖じしないというか懐っこい仔ではあったのですが、
一時は大変そう…とパパ&ママからのメールでしたので、早くいい流れに
なって欲しいなぁ…と思っていたのです。
パパ、ママが一生懸命サポートしてくれたんだね。
そして山太くんが、寛大に受け入れてくれたんだね。

ご家族の暖かい愛情に触れさせていただいて、心がほんわか
あったかくなりました。

心慈朗くんの詳しくて楽しいご報告も次回に掲載します。
まずは、今の心慈朗くんと昔の心慈朗くんの比較写真~♪

※昔の心慈朗くん
f0081100_16714.jpg


※今の心慈朗くん
f0081100_1685181.jpg

[PR]

by aromagarden | 2007-06-03 15:50 | 香りの庭へようこそ(動物) | Comments(0)

過去の自分へ

『変わりたい』と思う人は、結構いらっしゃると思います。
自分を成長させたい…。
自分を変えていきたい…。
その想いはとても大切なものでもあると、感じています。

変わりたいと思う理由の中に、もしも『今の自分が嫌いだから』と
いう答えがあるのだとしたら…。
私は残念だけれど、本当の意味では変われないと思っています。
そして
『過去の自分と決別したいから』という理由もやはり、
本当に変わることなど出来ないのではないかなぁと感じます。

それはとても簡単なことです。
今の私がいるのは、過去の積み重ねなのだから。
そして未来の私は、今の私の積み重ねなのだから。

自分という大切な存在を分断して生きることは出来ないのですね。
過去の自分をどれだけ否定しても、今の自分をどれほど嫌っても、
私たちは私たち自身からは逃れることは出来ないのです。

今日のアロマのレッスンの中で、ある方がこんなお話をしてくださいました。
7年ぶりの再会…彼女は相手のことを覚えていなかったけれど、
相手はとてもよく覚えていて、『あのときは本当にお世話になりました』と
丁寧なお礼をしてくださったそうです。
当時の自分…彼女は実は嫌っていたのでした。
あの頃は仕事にも周りにも不満だらけで生きていた、そんな自分を
恥かしく思っていたから…。
でも、こうしてあの時の自分に感謝をしてくださる人がいる。
振り返ってまっすぐに見つめてみると…

『あのときの私、その時出来ることを精一杯がんばっていたんだね』
そのことが認めてあげられたとき、彼女は過去の自分を大好きになった
そうです。
どんなに未熟であっても、恥かしい自分であっても、私たちはきっと
その時その時を、一生懸命生きている。
過去の自分を抱きしめて、頑張ったね…って言ってあげられたとき、
私たちは次なる成長への扉を開けることが出来るのでしょう。
優しい流れの中で、癒され、変わっていけることでしょう。
[PR]

by aromagarden | 2007-06-02 23:37 | 香りの庭へようこそ(過去) | Comments(0)

かほりたつ…

あしかがフラワーパークへ行ってきました。
いつも藤の季節にのみ出掛けていたのですが、今回はひょんなことから
薔薇を見に行こうか…という話になったのです。
前橋にある敷島公園のバラ園が、来年まで休園していましたので…。

気軽な気持ちで出掛けたのですが、なかなかどうして!
見事なバラでした。
私は種類にはとんと疎いのですが、知らなくてもその気品溢れる姿には
ほれぼれしてしまいます。
何気なく鼻先を近づけてみて、「うーん、バラの香りだわ~(当たり前)」と
喜んでいたとき…。
自分の深いところで、ほっと癒されていく感覚が湧き上がりました。

普段はアロマセラピーの精油としてバラの香りにお世話になっています。
バラ…ローズの香りは女性なら憧れてしまうもの…。私も大好きです。
でも
こうして植物そのものの香りをじかに嗅ぐこともまた、新鮮な気持ちでした。
生きている香りがよりリアルに感じられたこと。
そして
ふわりと癒されていくこの感覚…。

短い通り雨が過ぎ去った後のバラたちは、その甘くて凛とした芳香を
さらに香り立たせて、
訪れていた人たちを優しい気持ちに包んでいたようでした。

私もこのバラたちのように
優しく、さりげなく、
誰かの癒しのお手伝いがしていきたいと思うのでした…。f0081100_23313811.jpg
[PR]

by aromagarden | 2007-06-01 23:22 | 香りの庭へようこそ(過去) | Comments(0)
line

アロマセラピスト夫婦+ワン&ニャンのハッピーライフ


by aromagarden
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30