<   2007年 01月 ( 12 )   > この月の画像一覧


あなた、何様?

タイトルの言葉は、主人から私にプレゼントしてくださった言葉です。

ひょんなことがきっかけで、私の闇、未熟な部分が浮上してくれました。
それはまさに主人が言ってくださったとおりです。
本当に、「何様の生き方」そのものでした…。

自分の思いを正しいとして、主人の言葉をさえぎるように自己主張した私に、
厳しい愛の一言をプレゼントしてくださったのです。
本当に深い愛の中で言ってくださった言葉は、私の胸をまっすぐに貫きました。

家族は私たちの真の姿をよーく見ています。
どんなに外でいい人になっていたとしても、
どんなに周りには気配り・思いやりがあったとしても、
一番大切な家族にそれが実践できていなければ
それは真実ではないのです。

私は優しい主人にとても甘え、わがままばかりだったことに気付かされました。
一歩下がって、主人の言葉を素直に受け入れるという姿勢が足りなかったのでした。
人はマイナスになると自分のマイナスになかなか気づけなくなるものです。
そんなとき、主人からのこの言葉が私に光を投げかけてくれたのでした。

ああ…本当に未熟だった…。その想いと同時に、いっぱい謝罪をさせていただきました。
深い反省と共に、自分の中でエネルギーが転換される清々しささえも感じました。

家族からの耳の痛い言葉・・・あなたは素直に聞けますでしょうか?
そして、そんな自分の未熟な姿を認めることができますでしょうか?
私は
愛する家族のために、そして愛する家族が愛してくれる私のために、
素直に、優しく生きていきたいと想います。
[PR]

by aromagarden | 2007-01-24 21:02 | 香りの庭へようこそ(過去) | Comments(0)

アロマ☆ガーデンの新年会

今年で3回めとなる、私たちのスクールの新年会が行われました。
場所は最初の新年会でもお世話になりました、伊勢崎市のイタリアンレストラン
「コジモ・ロレンツォ」さんです。
ベジ対応も快く引き受けてくださり、とても美味しいお料理と心のこもったおもてなしを
してくださいました。

今年は生徒さんのご家族にも来ていただき、何だか毎年にぎやかになっています。
そして、こうして生徒さんの幸せそうなお顔を拝見させていただいて、私たちも
幸せな想いに満たされます。
「今年も一緒に頑張ろう…」暖かなエネルギーが身体に満ち溢れてきます。

今年も全員プレゼント、そして抽選によるトリートメント券プレゼントをさせて
いただきました。
全員プレゼントには、おひとりおひとりにメッセージを添えさせていただきましたが、
どなたにどのメッセージが行き渡るかもちろん分からないのに、それぞれ必要な
言葉の書かれたものを手にされていったようです。・・・不思議♪
トリートメント券が当たった方たち…おめでとうございま~す。
私たちからの愛のこもったトリートメント…どうぞ楽しみにしていてくださいね。

今年はさらに嬉しい出来事がありました。
生徒さんから、愛いっぱいのプレゼントを頂いたのです。これは本当に知らなかった
ことなのでとてもびっくりしましたが、生徒さん全員のお気持ちが感じられて
主人と一緒に大感激でした。
大切に使わせていただきますね…本当にありがとうございました。

この新年会を無事に開催させて頂くことが出来たのも、たくさんのサポートのおかげです。
本当にありがとうございます。
そして、今年もまたさらにいっぱいの幸せを手にして、ますますお仕事に頑張らせて
いただこうと思います。

※フルコースは本当にボリュームたっぷり、お味も最高♪前菜です。
f0081100_20592079.jpg

※私たちへのご配慮をいただき、なんと貸し切りに!
f0081100_210580.jpg

[PR]

by aromagarden | 2007-01-21 20:50 | 香りの庭へようこそ(過去) | Comments(0)

氷上の美しさ

突然ですが、私らふぃーはフィギュアスケートが大好きです。
もちろん、出来ませんので観るほうですが(当然?)
だって華やかで綺麗で…観ていてとっても感動するんだもの。

トリノオリンピックで荒川静香選手が金メダルを取り、一躍フィギュアスケートという
スポーツが脚光を浴びているようですが、私は随分前から好きだったのです(えばってる)。
そう、荒川選手がまだ出始めた長野オリンピックの頃とかね。
アメリカのミシェル・クワン選手の演技に鳥肌立てて感動していたものです…。

今年は安藤選手が不調から復活されて、素晴らしい演技を見せてくださいました。
安藤選手は素晴らしいジャンプの技術を持っていらして、女子初の4回転成功か!?と
騒がれていました。
それが本人には大変なプレッシャーだったそうで、その後スケートを辞めようか…と
思うくらいに悩まれ、不調が続いたのだそうですね。
トリノオリンピックでは、不本意な成績…と報道されていたようです。

けれど、素晴らしい復調を見せてくださり、今年の世界グランプリ・アメリカ大会では
見事な演技をされていました。私は思わず感動のあまり涙ぐんでしまいましたよ~。

何かのテレビ特集で彼女もその心情を吐露していましたが、ジャンプが飛べなくなったとき、
基本に戻ろう…と、子供の頃のコーチのもとに再び教えを乞い、基本から何度も練習
されたそうです。そして、自分を信じるということ、スケートを楽しむということ…その想いも
まさに基本に、そう初心に立ち返っていかれたとのことでした。

スポーツ選手さんから見習わせていただくことは本当にたくさんあるなぁと思います。
自己否定的、苦行僧的な頑張り方は苦手だし出来ないけれど、安藤選手があの
「ミキティ・スマイル」で言われた言葉は、やはり大切な真実を伝えてくれたと感じます。

初心に返る
自分を信じる
楽しむ

自分の想いにまっすぐに向かうとき、ひとつひとつの練習は決して苦しいものではなく、
それさえも喜びに変わるプロセスなのかも知れません。
そして、その無垢な想いがあの素晴らしい結果につながり、私たちを感動されてくれる
ものなのかも知れません。

氷上の美しさ…大舞台での華々しい演技…けれどそれは今までの大切なプロセスが
あってこそなしえるもの。
そこには見えない、その隠された選手たちの頑張りに、私はいっぱい賛美を送りたく
なるのです。
[PR]

by aromagarden | 2007-01-19 20:37 | 香りの庭へようこそ(過去) | Comments(0)

door

もう何年か前になるのですが、宇井かおりさんという歌手の方が歌う「door」という曲が
大好きで、よく聴いていました。
いえ、今でも時々車の中で聴いています。

歌詞の内容が大切な女友達へのエール…という感じだったのですが、とても惹かれる
フレーズばかりでした。

貴女は闇を 見なくてもいい 人生を選んでも良かったのに
貴女は灯りを 吹き消して 無限の闇の中へ飛び込んだ
だから私 貴女が好き だから私 涙が出た…

歌詞の中の彼女は、幸せで穏やかな人生ではなく、敢えて大変な人生を自ら選んで
いくのだけれど、そしてそれは一見大変そうなのですが、そこには自分の人生に
まっすぐ向かう一途さと、その先にある大きな光を感じて、とても癒される感覚にも
なったものです。

たくさんのdoorを開けていく…。それは、ある意味封印しておきたかったパンドラの箱を
開けていくようなものなのかも知れません。

傷ついた思い。悲しかった出来事。許せない感情…。
見たくない「自分の闇」を、誰もが持っていて、それをdoorの向こうに押しやり、
しっかりと鍵をかけてしまうのですね。

でも、どんなにそのdoorを忘れ去ろうとしても、そこに確かにそのdoorは存在するのです。
そして鍵をかけて閉じている限り、doorの向こうの癒されない自分はそのままなのです。

だから
私たちは勇気を持って、そのdoorの前に立ちます。
震えるその手で、鍵を開けます。
見なくても良かったかも知れない。
でも
私は癒されたい。自分を癒したい。
自分の闇をこの手で解放して、その奥にある暖かい愛をもう一度取り戻したい。

貴女の目の前にあるそのdoor…
鍵を開けるのも、逃げ去るのも、すべては自らに委ねられているのです。
[PR]

by aromagarden | 2007-01-17 23:27 | 香りの庭へようこそ(過去) | Comments(0)

キントキ家のテレビ事情

今日の夕食は
・ご飯
・味噌汁(うぐいす菜、油揚げ)
・ソイちくわと錦糸卵ときゅうりの和え物
・がんもどきと大根の煮物(人参、しらたき)
・こんにゃくのから揚げ                です。

こんにゃくは手作りの生こんにゃくがJAにあったので購入。だし汁にしっかりと
浸して、カレー粉や五香粉を混ぜたものをまぶして揚げました。
味がしっかりとしみこんでいると、かなりイケます♪

(テレビステーションという雑誌を片手に…)
らふぃー(以下ら):ねぇ、もう始まっているのもあるけど、今年の冬ドラマは何を観たい?
キントキ(以下キ):そうだなぁ、やっぱりなるべくコメディがいいかなぁ。

ら:私、キム○クの出る「華麗なる…」が観たいな。結構シリアス系みたいだし。
キ:えー、なんか人間関係どろどろしているのでしょ?そういうのって苦手なんだよな。
ら:でもこの前先生も言ってらしたじゃない。こういうどろどろ系ドラマって、人間のカルマが
  よく凝縮されているって…。ある意味人生勉強になるんじゃない?大奥みたいなのとか。
キ:苦手なんだよなぁ、大奥みたいな嫉妬とか妬みとか・・・
ら:ほら、キントキさんはそうやってきれいな「光」の部分しか見ないでしょ?
  でも人間って、そればかりじゃなく「闇」の部分もあると思うの。それをしっかり見つめて
  いけるのって、このお仕事に必要不可欠じゃない。だからドラマで人生勉強するって
  いうのも大切じゃないかなぁ。
キ:そうか、そうかもな。よし、今年はどろどろ系のドラマを見て勉強するぞー。

(しばらく雑誌をめくりながら)
ら:んー、私はやっぱり「華麗なる…」と、歴史からカルマを学ぶために「風林火○」を観よう
  かな。
キ:俺はこれもすごいと思うぞ。「今週、妻が…」これは性的カルマの勉強だ~。
ら:ひゃー、本当の話なんだね、これ。それからこれもすごそう、「悪い…」
キ:こう並べてみると、どろどろ系のドラマは多いなぁ。
ら:何だか気が滅入りそうかもね…。やっぱり、コメディも観よう。
キ:賛成~。
f0081100_2133342.jpg
[PR]

by aromagarden | 2007-01-14 21:09 | 香りの庭へようこそ(過去) | Comments(0)

ともだち

今日は大学時代の大切な友人たちと会いました。
それは…大学生の頃、組んでいたバンドのメンバーです。

私たちが学生の頃は「いかすバンド天国」略して「イカ天」なる番組が大流行、
空前のバンドブームの時代でした。
そんなバンドブームにちゃっかり乗って、誕生したバンドが「まつたけ」。
正式名は「香りまつたけ、味しめじ」略して「まつたけ」なのです。
(↑どういうネーミングセンスなんだ)
テクニックではなく、あくまでも自分たちが楽しむことが一番だったように
記憶しています。…と言うか、テクニックは上達出来なかったな…。

このメンバーとも、ここ数年はすっかりご無沙汰しておりました。特に一番長く
音信不通となっていた友人は、6~7年ぶりくらい?
久しぶりの東京に出て、友人達がもしすっかり変わってしまっていたらどうしよう?
などと、どきどきそわそわしていました。

でもね、そんな不安は全く必要なかったのです。みんな…恐ろしいくらい変わって
いなかった。中身はもちろん、会えばすっかり昔のノリに戻るものだろうけれども、
外見も本当に変わっていなかったのです。
きっと、会わなかった年月の間には、それぞれいろんな出来事があって、それなりに
いろんな体験を通して変わっていったこともあったはずなのですが…。

あのときと変わらず、みんな暖かくて、ずっこけていて優しかった。

たっぷり笑って、たっぷりしゃべって…いえ、足りないくらいでした。後ろ髪を思いっきり
引かれながら、幸せに包まれて群馬に戻ってきました。
そして・・・みんなにも、出会ってくれてありがとう。再会してくれてありがとう…が次から
次へと溢れ出てきたのでした。
「まつたけ」があったから…私と主人の今があるのだから。

友達もそのときそのときの人生のステージで変わっていくものなのかも知れない。
けれど、変わらない友人達がいてくれることが、私たちの心の支えにもなります。
みっともなくて、未熟すぎて、でもひたむきに生きていた、ありのままの私たちを
そのまま受け入れてくれる友人たち…。
友人のいてくれる人生だから、私たちの時間はどこまでも豊かに、どこまでも広がって
いくのですね。
そしてさらに嬉しいことに…その友人たちのパートナーもまた、同じように親密な友人と
なっていくのです。

これからの人生も、友人達とともに、優しくて暖かい時間を積み重ねていきたいと
心より願っています。また近いうちに…会おうね!
[PR]

by aromagarden | 2007-01-13 21:20 | 香りの庭へようこそ(過去) | Comments(0)

香りと心の関係

現在、桐生市のカルチャークラブにて、アロマセラピーの講座を開講
させていただいております。
カルチャーコースは、プロ養成コースとは違う楽しさのようなものがあって、
私もまた初心に返らせていただきながら、生徒さんと学びを分かち合っています。

今日はこんなことがありました。

ご自分の持っているラベンダーがいい香りではない、とショックを受けられた生徒さんが
いらっしゃいました。
高品質・高エネルギーレベルの精油は、持っているだけでその人のエネルギーを
高めてくれるものですが、同時にその人のエネルギー状態で香りがとても変化する
ものでもあります。

人間は波がある生き物ですから、時として落ち込んだりいらいらしたり、マイナス気味に
なることもあるのです。
そんなとき、精油のエネルギーにも影響が及んでにごった香りのようになってしまう
のでしょう。
そんな体験を、たくさんの生徒さんがしてくださっています。

では、香りがあまりいい状態ではないように変化してしまったら?

実は、そこが大切なのです。香りの変化はある意味メッセージです。自分の心の
状態を映し出してくれているのですから、自分自身のマイナス、ネガティヴな感情に
しっかりと目を向けて、気付かなければいけないメッセージを理解していくのです。

少しお手伝いをさせて頂きながら、その生徒さんの持つ精油の香りが本来の
優しいラベンダーの香りに戻ったとき、その生徒さんはさりげなく言いました。
「私、相手のことを気がつかないうちに見下していたかも知れない…」

香りが運んでくれるメッセージから、自分自身を謙虚に振り返られる、それって
とても素敵なことですよね。
だって、そうやってたくさんの気付きや学びを手にして、どんどん成長していくことが
出来るのだから…。

バロメーターになってくれる精油にいっぱい感謝しながら、この精油の香りを
最高の状態にして使いこなせるアロマセラピスト…私が目指すものでもあるのです。

f0081100_211275.jpg
[PR]

by aromagarden | 2007-01-12 20:51 | 香りの庭へようこそ(過去) | Comments(0)

優しく

今年初のJHAS主催の新年会・研修会に参加させていただきました。
毎年、新年会では『今年のキーワード』なるものが発表されます。

ちなみに今まででは、
・わくわくと
・美しく
・誠実に
・素直に…     などのキーワードが挙げられました。

不思議なもので、このキーワードに向けて、その年はスタートするのです。
テーマに沿った学びが次々とやってきてくれて、そのキーワードにふさわしい
エネルギーを手にさせていただけるようになっていくのですね。
その流れは1年かけて緩やかに行われていくのですが、サボっていた人は
要注意!
年末になってためておいた必死で宿題をすませるがごとく、怒涛のように
学びの連続となってしまうのです。

さて、今年は…(どきどき)

『優しく』

この言葉を聞いた途端に、胸の辺りがとーっても反応し始めてしまいました。
そう、私がとても足りなくて、ぜひ手にしたいものだったから…。
私の魂さんが「そう!これよ、これが大切なの!」とばかりに騒ぎ始めて
しまったのでしょうね。

優しさ…この奥が深いテーマを、これから私はどれだけ手に出来ることでしょう。
優しさにはいろいろあります。厳しさもまた優しさですし、強さもそう。
この幅広く、そして深みのあるテーマを、1年かけてしっかり学びたいです。
もちろん、待っているだけでは手に出来るものではないのですから、
日々の中で自ら向き合って、積極的に意識していきたいと思っています。

今年1年のテーマ…貴女はどう向き合っていかれるのでしょうか。
[PR]

by aromagarden | 2007-01-11 20:42 | 香りの庭へようこそ(過去) | Comments(0)

浜松へ…

年末年始は諸事情にて実家のある浜松へは帰れないのですが、
毎年成人式の辺りに所属するJHASの新年会や研修等がありますので、
その頃に新年初の帰省となります。

私たちが帰省した日に、ちょうど義兄夫婦がインド旅行から帰ってきて、
主人の実家はとてもにぎやかに。
2泊したのですが、毎晩「花札」です。あれって、実際にやってみると
とても健全なのですね。普通にトランプのように楽しんでいます。
兄嫁であるカリーン(アメリカ人)も、「コレ、トランプヨリオモシロイネ~」と
言っておりました。
何だかお義母さんが強いんですよ、妙に。昔から楽しんでやっていたとか。

残念ながら義弟くんとは会えなかったのですが、今年も元気いっぱいの
主人の両親、私の両親、そして兄夫婦と、家族の幸せそうな笑顔に囲まれて、
いいスタートを切れたように思います。
家族の幸せ…それなくしては、やはり私たち自身も幸せとは言えません。
大切な人が悲しんでいたり苦しんでいたりしていたとしたら、やはり同じように
気持ちに憂いが湧いてしまうものなのです。

だから、私も自分自身を幸せにしていきたいと思います。
愛されていることを知っているから、私が苦しむことで苦しむ人がいてくれる
ことを知っているから、今年もさらに幸せいっぱいに生きていきたいと思うのです。

※行きの東名高速、富士川SAより、富士山を望む…。
 この後、牧の原辺りからなんと雪!(風花)が舞っていました。群馬でもまだ初雪を
 体験していないのに…。びっくり、です。
f0081100_20395532.jpg
[PR]

by aromagarden | 2007-01-10 20:28 | 香りの庭へようこそ(過去) | Comments(0)

我が家のおせち料理

お正月と言えば、「おせち」ですよね。
皆さんのところでは、ご家庭で作られるのでしょうか…?

料理は下手の横好きですが、そういった伝統的なお料理とかはあまり
私は作ったことがないのです。母も仕事を持っていて忙しい人でしたので、
亡くなった祖母が得意でいろいろと作ってくれていたと記憶しています。
今更なのですが、おばあちゃんにもっとお料理を習いたかった…と思います。

さて、今回のおせち。写真をご覧になっていただくと、「あら、結構出来ている
じゃない」と思われるかもしれません。


正直に言います。
かるなぁさんの「寿セット」を詰めました。


ベジ用の精進おせちセットがあると聞いて、ぜひ一度試したい~とキントキさんに
おねだりして購入しました。
すごいです。昆布巻き、伊達巻、ゆばで作ったしゃけ、八幡巻きに紅白かまぼこなど…。
あ、酢れんこんや黒豆、きんとんが入っているって?これは頑張ったのねって?


正直に言います。
大晦日に、マルシェのお惣菜コーナーで買いました。


なますは一応作れるのですが、31日に大掃除に頑張ってしまった私は作る時間が
なくなり、黒豆やきんとんは作れずに、結局出来あいのものに頼ってしまったのでした。

という事で、私が頑張ったのはお煮しめと厚焼き玉子だけで~す。←開き直り
あとはお雑煮を作りました。生徒さんが夫婦で一体となり、ついてくれたお餅を焼いて
入れました。とっても美味しかったです、お餅、ご馳走様でした~。

来年はぜひ、黒豆やきんとんの作り方をご近所の頼もしい「群馬のお母さん」に
習おうかと思います。

f0081100_17534343.jpg

f0081100_175401.jpg
[PR]

by aromagarden | 2007-01-05 17:42 | 香りの庭へようこそ(過去) | Comments(0)
line

アロマセラピスト夫婦+ワン&ニャンのハッピーライフ


by aromagarden
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31