<   2006年 12月 ( 25 )   > この月の画像一覧


仕事納めでした

今日の「トリートメントDays」を持って、アロマ☆ガーデンの、2006年のお仕事が
終了となりました。
今日はお二人の方がいらしてくださったのですが、なぜかどちらの方も「リフレク」を
希望されました。
一生懸命、足をもみもみ…。もみもみ…。もみもみ…。
お二人とも「痛い~」となる箇所は違ったのですが、どちらもきっと、この一年間
頑張って生きてこられたんだなぁ…お疲れ様…と感じさせていただいきました。

足裏は第二、第三の顔とも言われます。
その人の生きてきた歴史を感じさせてくれるのです。
だから、私は足裏に触れさせていただくとき、その方の人生に触れさせていただいて
いるのだ…と思っています。
若かろうと、やはりその人の人生はかけがえのない重みがあります。
そのことを感じさせていただき、またどんな方も一生懸命生きてこられているんだ、と
想い至るとき…。
トリートメントは自然と気持ちが謙虚になっていくものなんですね。

終了後は、久しぶりにローマンカモミールのお風呂にゆっくり入りました。
私自身にも、同じように「頑張ってきたね」とねぎらいの言葉をかけてあげます。
いろんなことがあって、未熟な自分、至らない自分にもいっぱい気づけて、
成長させていただけたんだなぁ…。頑張ったね、私。ありがとう、私。

2007年…どんな年になるのでしょう。
後残りわずかの2006年。心穏やかに、優しい気持ちで過ごしていきたいと思います。
[PR]

by aromagarden | 2006-12-29 23:20 | 香りの庭へようこそ(過去) | Comments(0)

和風のキッシュ

最近はあまり作らなくなってしまいましたが、以前はよく、キッシュを作って
いました。
実際には市販のパイシートを使っているので、「キッシュではなくてパイよ」と
教えていただいたことがあります。
キッシュの皮は小麦粉と水だけで作る、結構ぽろぽろとした生地なのだそうです。

よくいれていた中身は、キノコ類、玉ねぎ、人参、ジャガイモ、トマト、ピーマンなど…。
それに卵液プラス生クリームを入れていたのですから、かなりの高カロリー(汗)。
でも、主人も私もこってり系が好きなので、喜んで食しておりました。

今日、ふと思いついて久しぶりに作ったキッシュ…。
中身はなんと、「ひじきの煮物の残り」と「豆腐」です。
合うのかしら…?と最初はちょっと不安だったのですが、以前あるアロマ仲間の
先生のレシピを教えていただいたときに「ひじきのピザ」なるものがあって…。
それが結構「美味しい」と小耳に挟んだので、じゃあ大丈夫かなぁ~と。

ひじきの煮物にキノコを加え、短冊切りにした豆腐を並べて、卵プラス豆乳を
流しいれます。生クリームを使わなかったので、カロリーダウンでしょ?
上にチーズを振りかけてオーブンで焼くこと20分…。

出来ました。

お味は思ったよりもさっぱりしていて、結局いっぱい食べてしまいましたが(笑)。
なかなか良かったのでご紹介させていただきます。見た目はあんまり…ですが。

今日は少し時間の余裕があったので、キッチンに立つ時間が長くて楽しかったです。
楽しいお料理…心がけたいです。
f0081100_11183984.jpg

f0081100_1119666.jpg

[PR]

by aromagarden | 2006-12-28 11:07 | 香りの庭へようこそ(過去) | Comments(0)

魂の伴侶への道

私たちのスクールには、今年ご結婚された生徒さんが2名いらっしゃいます。
1名は24日…クリスマスイブの日に入籍をされ、来年の3月にお式を挙げる
ことになっています。

生徒さんのニュースで、何が一番嬉しいかって…やはり、大切な人と結ばれて
いくことかも知れません。

私たちのスクールでは、夫婦というものをとても大切に考えます。
愛について学び、愛というものの本質を知っていくと…自然と思い出していまきす。
自分にとって、伴侶がどれほどにかけがえのない存在なのか、ということを。
そして、実はこの伴侶は自分自身でもあり、本当は一体だったということを、
どこか懐かしい記憶の中に思い出していく生徒さんもいらっしゃるようです。

ですから、私たちは真に愛で結ばれた夫婦を『魂の伴侶』という言い方をさせて
いただいています。

魂の伴侶への道…それはとても素晴らしいとともに、ある意味では険しい道かも
知れないと思います。
本当に相手と向き合うこと、想いを同じくして相手を愛すること、すべてを受け入れて
いくこと…。
それらひとつひとつの課題を、毎日の生活の中から少しずつ努力して手にしていく
ことなのですから。

時には辛くなったり、「どうしてわかってくれないの?」と相手を責めたくなったり。
そんなことが続くと「もういいや…」とあきらめてしまうことも。

でも…どうか忘れないで。今生生まれて出逢ったという奇跡を…。
愛し合うために生まれて、そして出逢ったという真実を…。
日々の雑多な出来事に振り回され、心が枯れ果ててしまわぬように…貴女の側に
いてくれる一番大切な人の笑顔を、どうか、どうか忘れないで。
幸せは伴侶の道にあるのだから…。

f0081100_2040260.jpg
[PR]

by aromagarden | 2006-12-27 20:40 | 香りの庭へようこそ(過去) | Comments(0)

愛のビシバシ

24日、25日と今年最後の研修参加のために、伊豆へ行っておりました。
毎年この時期に行われる研修…先生方のための研修なのですが、私たちが
より成長できるようにとの深い愛を持って『ビシバシ』とご指導していただくため、
「愛のビシバシ特訓コース」というタイトルがつけられております。

私はこの研修が、実はとっても好きなのです。
本当に厳しい矢が飛んでくるのですが、そこに込められた導き手の深い愛と
魂に響いていく感覚、わくわくと喜ぶ感覚を感じてしまうのです。

こうして一年を振り返ると、頑張った自分、そしてまだまだ未熟だった自分、
淀んでしまっていた自分…というものが見えてきます。そして研修で聞かせて
いただく言葉ひとつひとつに、それらの課題が鮮明になり、それらをまた乗り越えて
いくきっかけを頂くのですね。
本当に「目が覚める」とはこのことかと思うほどに…。

人は「維持をする」ことが苦手なのかも知れません。頑張っているつもりでも、
気付けばずるずると道を下ってしまうこともあることでしょう。
そんなときに、自分では気づけない気の緩みや淀みをしっかりと指摘して頂き、
姿勢を正してくれるということは本当にありがたいことです。

とても中身の濃い時間を、志を同じくするお仲間の先生方、主人と共に過ごし
学ばせていただきながら、やはり私は毎年思うのです。

「このお仕事にめぐり合えて本当に良かった」…と。

今年頑張れなかった自分、頑張った自分、どちらも丸ごと受け止めて、そして
この研修…「愛のビシバシ」を私の中に染み渡らせながら、来年もまたこのお仕事を
わくわくと喜びに満ちてさせていただこう。
そしてまた来年、一歩でも二歩でも、成長した自分に出会いたいと思います。
[PR]

by aromagarden | 2006-12-26 20:02 | 香りの庭へようこそ(過去) | Comments(0)

傷つくとき

愛する人から、大切な人から、また周りのいろんな人たちから。
時として心無い言葉をもらったり、行動をされたりすることがあります。

そんなとき、私たちは傷つきます。
それはまるで
赤ちゃんのような無防備な柔肌の心に、スパイクシューズで踏み込まれたような、
辛くて痛くて…苦しい体験だったりします。

その体験を重ねるごとに、人を信じられなくなり、人を怖がるようになり、
いつしか重たい鎧を着込んで、傷つかないようにブロックをするのです。

ブロックをすることは、ある意味とても楽です。
だって、
感じる心を凍結させて生きていくことでもあるのだもの。
そんな鎧をたくさん着込んでいた私でした。

でも
忘れかけていた、人を愛する心、信じる思い…アロマの優しい香りとともに
その記憶が確かに蘇ってきました。
暖かくて優しい、白い羽に包まれて…その鎧を脱ぐことを決めました。

今でも時々、私は傷つきます。
けれど
それでも私は怖れずに、人を愛そうと思います。
人を信じようと思います。
傷ついた自分を癒すのは、自分。
ころんで汚れた自分の身体の泥をはらって、
涙でぬれたほほを拭って、
まっすぐに顔を上げ、前を向いて歩いていく。
私を白い羽で包んでくれた、私の導き手が見せてくれた姿でした。

私は弱いです。
だから強くなりたいです。
傷ついても、傷ついても、あきらめないで愛していきたい。
周りの人たちにどれだけ愛され支えられているかを知っているから、
傷ついた自分をそっと優しく包んで、前を向いて歩いていきたい。
そしていつか
あなたを白い羽で包める私になりたいと思うのです。
[PR]

by aromagarden | 2006-12-23 22:32 | 香りの庭へようこそ(過去) | Comments(0)

じゃぱにぃず・アロマバス

今日は冬至でしたね!スーパーに行って、かぼちゃとゆずを目玉商品にして
販売しているのを見て、ようやく思い出しました。

かぼちゃはすでにあったので、お風呂に入れるゆずを少しだけ買い求め、今日の
アロマバス(精油を使うもの)は「ゆず湯」オンリーにしてみました。

日本という国の素晴らしいところ…それは、季節の移り変わりを「愛でる」という
風習、文化だと思っています。学生の頃、国語の授業が一番好きだったのですが、
古来の日本文学の中には季節の移り変わりを題材にしたものがとても多くて、
自然と一体になって生きているその息吹を本などから感じて、しばしうっとりして
いたものです。
そして、そういった繊細なところに優しい目を向けられる昔の人って、本当にゆったりと
穏やかな時間の中で過ごしていたんだろうなぁ…と感じます。

温かい湯船に身体を浸し、ゆずを手にしながらその香りを思いっきり吸い込みます。
この…そこはかとない香り方は、また精油の香り方とは違うんですね。
柑橘系の精油はお風呂に入れると肌に刺激が強すぎて、入れることは出来ません。
こうして大好きな柑橘系の香りをお風呂で楽しめるのもまた、「じゃぱにぃず・アロマバス」
ならではなのかしら…。

季節の移り変わり…群馬の、この地に来て少しずつ感じさせていただけるようになりました。
この繊細な、自然の生命の営みの流れや雄大な時間…忘れずに感じていられる
自分でありたいと思います。

※お風呂場の写真はむ、難しい~(汗)
f0081100_1733597.jpg
[PR]

by aromagarden | 2006-12-22 15:56 | 香りの庭へようこそ(過去) | Comments(0)

魂が飛び出るほど…

HBというケーキ屋さんのバナナタルトが美味しいって、会社の人が言っていたんで
先生に買ってきました~♪…と、生徒さんがレッスンのときに持ってきてくださいました。

魂が飛び出るほど美味しい~?わぁ、それはとっても楽しみだわ~、ありがとう、と
わくわくるんるんで受け取らせていただきました。

年の瀬が迫るにつれ、我が家にも素敵な贈り物が届くようになりました。
甘いものやパスタ好きの、食いしん坊な私たちをよく知っていてくださる生徒さんや
クライアントさんから、嬉しくて美味しい贈り物をいただきます。
また、このような機会ではなくても、さらっと「これ、先生にと思って…」といただくことも
あります。
そこにはとっても素敵な、そして優しい想いが込められていて、頂く私たちも
本当に嬉しい思い、感謝の思いでいっぱいになります。

義理ではなく…贈りたい相手の方に、物質というものにいっぱいの感謝や愛を込めて
贈り物が出来るということ。それは本当に成長された素敵な大人だなぁと思います。
本当にお世話になりました…ありがとうございます…その想いと感謝を込めて、
本当にささやかながら私も大切な恩師に贈り物をさせていただいたとき、心に暖かい
ものが芽生えた気がします。
想いと行動と物質が一致する、そんな贈り物って素敵ですよね。
そして、物質を上手に愛の中で使っていくことを教えてくださった私の恩師に、やはり
感謝がいっぱい溢れてくるのです。

今年最後のレッスンの、その生徒さんから頂いたバナナタルト。
レッスン終了後にキントキさんとありがたくディカフェのコーヒーと一緒にいただきました。
さすがに魂は飛び出なかったけれど(笑)、魂がほっこり暖かくなるお味でした。

ごちそうさまです。本当に…ありがとう。
f0081100_15421450.jpg
[PR]

by aromagarden | 2006-12-21 15:30 | 香りの庭へようこそ(過去) | Comments(0)

ゲーム de デート

先日、定例会参加のために浜松へ帰省し、主人の実家で他愛もないおしゃべりを
していたときのことでした。
ゲーム類は痴呆症の予防になるとの話に盛り上がり、ひょんな流れといきさつから
来年は「花札」と「麻雀」を覚えようということになったのでした(どんないきさつだ…)。

群馬に戻ってから、早速「トイザラス」へ。実は私たち夫婦、このお店に行くのは
初めてだったのです。
私らふぃーがあまりゲーム類が得意ではないので(好きなものもあるけれど)、
その手の玩具にはご縁がなかったのでした。
初めて訪れたそのお店は、いろんな「知らない世界」が広がっていて、二人で
いちいち感動し、お店の中を早歩きでぐるぐる探検したり(まるで子供 笑)。
しまいには、可愛い甥っ子に何かプレゼントを買ってあげようと妹のところに
興奮気味に電話までかけてしまう始末でした。

花札と麻雀のおもちゃを買いに行くのが目的でしたが、ひょんなことから見つけた
「ゲーム12」というもの。
いろんな種類のミニゲームが入っていて、何だか面白そう…と思わず
購入してしまったのでした。

キントキさんは熱心に説明書を読み、そして私に将棋を教えてくれました。
将棋も初体験の私は、「多分チェスと似たようなものかな?」という勝手な憶測の中
一生懸命に教えてくれる彼の言葉に、一生懸命耳を傾けておりました。
結局1回だけやってみただけなのですが、彼がこう言ってくれました。

「らふぃーと一緒の時間を楽しみたいんだ」

一緒のお仕事をさせていただいている私たちは、きっと他のご夫婦よりも一緒に
いられる時間が長いという、恵まれた環境にあると思います。
けれど意外と意思の疎通が出来なかったり、時間が合わなかったり…そんなことに
ふたりの気持ちがいらいらしてしまったり。まだ未熟なので、調和が取れないときも
あるのです。

それでもね。主人が…キントキさんが言ってくれた言葉のように、お互いが歩み寄る
姿勢って本当に大切だと思うのです。
お互いがお互いを、気遣いという名のもとに、歩み寄ることや理解しあうことを
あきらめてしまったら…夫婦はずっと壁の向こう側のままだと思うのです。
その壁を踏み倒す勇気ある一歩は、やっぱり自分から…とも思うのです。

どこかで覚えている、懐かしくて愛しい記憶…それが夫婦、魂の伴侶だとしたら、
ようやく出逢えたのだもの…。精一杯添い遂げたいと思っています。
けれどそれは、仰々しいもの、ドラマティックなものばかりではなく、こんなふうに
アナログなゲームを二人でささやかに楽しむことだって、実現するのではないかしらん?

そんなことを考えながら、次は何して遊ぼうかな~♪と、お休みタイムを楽しみに
している二人でした。

※これが噂?のゲーム12です。
f0081100_2117092.jpg
[PR]

by aromagarden | 2006-12-20 21:18 | 香りの庭へようこそ(過去) | Comments(2)

ベジタリアンのイタリアン

本日、予約を入れさせていただいたレストランにて、ベジタリアンのランチコースを
頂いてまいりました♪

このお店は以前にもベジタリアンでお願いしたことがありまして、そのときも
とっても美味しいベジのコース料理に感涙したことを記憶しています。
しばらくご無沙汰していましたが、今回久しぶりに伺いました。

やっぱり美味しかった…!

去年、私たちのスクールでの新年会に使わせていただいたこのレストラン、
今回も快くお願いを引き受けてくださいました。

オーナーシェフの方がお忙しいところ出てきてくださって、いろんなお話を
してくださいました。
群馬スローフード協会に加盟されていること。外国の方でベジタリアンのお客様が
いらっしゃり、ベジにはご理解があること。
「当日でも作れますから大丈夫ですよ~」という一言は本当に頼もしい限りです!

今回は様々な学びをさせていただきました。
ベジタリアンでお料理を作ること…そのご苦労へ繊細に思いを馳せていくこと。
作ってくださることへの感謝と敬意。
謙虚に、でもしっかりとお伝えすることの大切さ。

こうしていろんなお店の方とお話し、ご縁が出来ることもまた、大切な流れだったと
思います。
群馬校の皆様には、なかなか会場が決まらなくて一抹の不安を持たせてしまった
かも知れませんが…。
大丈夫!素敵な会場を予約させていただくことが出来ましたよ~♪♪

それだけで本当に、本当に幸せな気持ち…わくわくした気持ちになっている単純夫婦です。
さて次は、お楽しみプレゼントを選ぶ幸せが待っているわ~。

※パルメザンチーズのリゾット、アスパラ添え
これ以外には、前菜、パスタ、デザートとコーヒー(紅茶)が付きました
f0081100_20484987.jpg
[PR]

by aromagarden | 2006-12-19 20:37 | 香りの庭へようこそ(過去) | Comments(0)

今年最後のJHAS定例会

JHAS(日本ホリスティックアロマセラピー協会)の本部のある浜松にて、昨日
今年最後の定例会が開かれました。
参加人数は400人を超えていました。それだけの方々が全国から集まり、一生懸命
学ばれているのですね。
会場は熱気とわくわく感に満たされておりました。

私はこの団体のアロマセラピーにめぐり合えることが出来て、本当に良かったと
思っています。
私が最初出会ったときは…団体立ち上げの前でした。
魂の恩師である私の導き手…今井ゆりあ先生が、たった一人で始められたお教室に、
妹からのご縁で入学したのでした。

アロマセラピーにもともと興味があったわけではありません。ですから本当に不思議な
流れでもあったのですが、先生に一目ぼれし、何か分からないものに突き動かれるように
通い始めたものでした。
その学びは毎回本当に新鮮で、目から鱗で…。
そして、私が本当に求めていたものがここにあるんだ、と気付くのに時間は
かかりませんでした。

心、身体、魂…その癒しについて…。愛について…。幸せになること…。
これらの大きなテーマを、アロマセラピーやクリスタルを通して、私たちは今尚学び続けて
います。もう10年を越す時間を、私はここで学ばせていただいていますが、どこまでも
制限なく愛と幸せを手にしていけること…その無限の可能性に、いつも新鮮な感動を
頂いているのです。

いつまでも、どこまでも成長し続ける機会を頂いていること…本当に幸せだと思います。

今回は2006年、総まとめの定例会でした。一年間で開催された様々な定例会や研修を
もう一度振り返ってその学びを深めさせていただくことが出来ました。
午前中から午後にかけて、たっぷりと濃密な学びの時間の中で、一生懸命とったノートは
宝物が詰まっていると感じます。

2006年もあとわずか…。遣り残した課題、自分の振り返り…もう一度丁寧に謙虚に
今年1年の学びを自分の中に落とし込み、2007年をますます輝かせていきたいと思います。
[PR]

by aromagarden | 2006-12-18 18:34 | 香りの庭へようこそ(過去) | Comments(0)
line

アロマセラピスト夫婦+ワン&ニャンのハッピーライフ


by aromagarden
line
カレンダー