カテゴリ:香りの庭へようこそ(動物)( 31 )


ワンちゃん預かり日記Vol.16

今日が、我が家での最後の日となるベルとまりん。
いつもどおり、ばたばたと遊び、食べ、よく寝ています。

明日はいよいよ、本当のママに会えるね。
これからが本当の、幸せな犬生のスタートだね。

感慨深いものが胸に押し寄せてきます。

3/3…この日は、私と主人にとって大切な友人の誕生日でもあります。
けれど、彼はもうこの世にはいません。
去年…若くして亡くなりました。それはそれは、私たちにとって本当に
悲しい出来事でした。
彼が亡くなってその数日後に、その当時保護していた片目損傷の子ネコ
「ももちゃん」が、東京の新しい家族のもとへ旅立っていきました。

だから、ももちゃんをお渡しするときには格別の想いがありました。
片目の光を失ってなお、素直に明るく、まっすぐに人間を信頼してくれたももちゃん。
過酷な環境の中でよくぞ生き抜いて私たちの前に現れてくださいました。
彼の分も含めて、強く生きることの尊さを私たちに教えてくれたももちゃんでした。

今回は、その彼のお誕生日の翌日に…ワンコたちをお渡しさせていただきます。
何だか深いご縁というか、深い意味をそこに感じさせていただくのです。

生きて…
愛して…
笑って…
楽しんで…

どこまでも底抜けに明るいワンコたちが、また私たちに生きることの意味の深さと
生きることの素晴らしさを教えてくれたように想います。

今は魂の存在となってしまった彼へ…深い想いを馳せながら、
やっぱり私たちは明るく、強く、楽しんで生きていきたいと思います。
たくさんの人を、動物を、すべての生命を愛していけるようになりたいと思います。

むぎゅーっと抱きしめたベルとまりんの優しいぬくもりを、私の身体と魂、心に
記憶させました。
ありがとう…がいっぱい溢れます。

たくさんの愛をありがとう。
愛してくれてありがとう。
愛することの喜びを思い出させてくれてありがとう。

これからたくさん可愛がられて、たくさん幸せになってね!

※預かりママがPCをしているとき、足元で寝てしまったベル
f0081100_2111452.jpg

※片耳が立ちあがってきたベルと、何だか酔っ払いみたいなまりん
f0081100_2115268.jpg

[PR]

by aromagarden | 2007-03-03 20:35 | 香りの庭へようこそ(動物) | Comments(0)

ワンちゃん預かり日記Vol.15

玉村町主催の、「犬のしつけ方教室」に参加してきました。
残念ながら、講義だけ…で、実技の参加はかないませんでしたが、とっても
お勉強になりました~。

警察犬も育てている、ベテランの訓練士さんのお話は、辛口トークの中にも
ワンちゃんに対する深い愛、そしてやはり飼い主の責任と自覚を促してくださる
大切なポイントが散りばめられていました。

預かりママも、いよいよ4日のお渡しまで…。

たくさんの体験をさせてきていただいて、ワンちゃんのことをまだまだ知らない自分、と
いうものにも気付かせていただきました。
ネコちゃんとは本当に違います…。そのことに気付かせていただいて、また
ワンちゃんの魅力にますます惹かれるようになりました。

今日も変わらずに、元気よく遊び、元気よくケンカし、元気よく食べ…。
思いっきりぽぽに甘え、思いっきりパパ&ママに甘え…。

ベルとまりん、絶好調です♪

※おもちゃのとりっこだ~ 負けないぞ~
f0081100_19103613.jpg

※あたちも負けないぞ~ (パパと張り合うまりん)
f0081100_19111884.jpg

※遊び疲れて、ママの足元で寝ちゃった…
f0081100_1912569.jpg

※わーい、ぽぽママ、大好き~!!
f0081100_19125658.jpg

[PR]

by aromagarden | 2007-03-02 18:58 | 香りの庭へようこそ(動物) | Comments(0)

ワンちゃん預かり日記Vol.14

ぽぽちゃんのお世話役も、後少しとなりましたね。
かいがいしく仔犬たちの面倒を見ていてくれるぽぽちゃんですが、
じっと観察しているとコミカルなことも起こります。
先日、ワンコの里親募集のことを気にかけてくださったご近所の方が
遊びに来てくださったのですが、

「何だか本当の親子みたい~」

と言ってくださいました。

確かにもうおっぱいは出ませんが(笑)、一緒にいるだけで暖かいものを
感じます。
こんなにおおらかに受け入れてくれたぽぽちゃん…天才乳母さんです。

※まりんの格好に爆笑した一枚
f0081100_23212961.jpg

※なんだか…まりんの表情が可笑しくて…
f0081100_23224596.jpg

※おもちゃ大好きベルが、必死で遊ぶ形相
f0081100_2325385.jpg

※衝撃の写真!ベルちゃんがぽぽに食べられている~!
 いえいえ、ベルがぽぽのお口をこじあけているのです。こんな遊びにもじっと
 我慢で付き合ってあげるぽぽ…く~、いいぞ~。
f0081100_23272357.jpg

[PR]

by aromagarden | 2007-03-01 23:14 | 香りの庭へようこそ(動物) | Comments(0)

ワンちゃん預かり日記Vol.13

我が家をのびのびと走り回るベルとまりん。
それを、苦虫を噛み潰したような顔で眺めている子がいます。

それは、我が家の長女…ぴょん。

ぴょんは私たちが一番最初に飼い始めた動物さんですから、彼女にも
きっと、その自負があるのでしょう(ほんまかいな)。
他のネコたちは、ベル&まりんが近づくと、一目散に2階に上がります。

でも…ぴょんは違うのです。
絶対に私は、ここをどかないわよ~という、強い意志さえ感じます。
何が何でも部屋から退散しないのですから。

「新参者には好きにはさせないわよっ」
とでも思っているのでしょうか…。
ベル&まりんは脳天気コンビですから、嬉しくなってぴょんちゃんを囲むのですが、
そのたびにこわーい威嚇音で
「フーッ」「シャーッ」とやられます。

でも、めげないのですね。ずーっと尻尾をふりふり、遊ぼう攻撃。
ぴょんちゃんも負けずに威嚇しまくり。
ひやひやするのは、ぴょんちゃんのネコパンチです。
爪きりをさせてくれないので、ぴょんの爪はかなり鋭い。
怪我をしないか、やっぱり心配になります。

そんなぴょんの気持ちも私の気持ちもお構いなく…。
脳天気コンビはわやわやと遊びまわっております。

※ちょっと~、それ以上近づくんぢゃないわよ~
f0081100_1514915.jpg

※何で2匹そろって追いかけてくんのよ~
f0081100_15154641.jpg

ドタバタドタバタ…
[PR]

by aromagarden | 2007-02-28 14:59 | 香りの庭へようこそ(動物) | Comments(0)

ワンちゃん預かり日記Vol.12

嬉しいお知らせをここに書かせていただきます。

ベルちゃんの赤い糸が、確定しました!!

実は、ライラ君のお話のときに…ベルちゃんのことも重なるかのように
流れが来ていたのです。
ご紹介してくださった三河校所属のT先生と何度かメールのやりとりをさせて
いただき、またT先生には里親さん候補の方ともお話をしていただくなど
ずっとご協力を頂いていました。

今回、私たちも直接その里親さん…Oさんとお話をさせていただき、どれほど
ベルちゃんを待ち望んでくださっているかをとても感じさせていただきました。
14年可愛がっていた先代のワンちゃんと、ベルちゃんがとてもよく似ている、と
お話くださいました。

これで、それぞれが最高の形の中、出会うべき里親さんとのご縁を
つむぐことが出来ました。
預かりパパ&ママも…感激ひとしおです。

必ず出逢える…。
会いたかったあの人に、会いたかったあの子に。
その双方の想いを繋いでいくために、どれほどの方がサポートしてくださった
ことでしょう。
私たちだけでは絶対になしえなかったことを、たくさんの愛の中で乗り越えていく
ことが出来たこと…。

この経験は、かけがえのない私たちの宝物となりました。

まりんちゃんと同じ日に、待ち合わせをして一緒にお引渡しとなりそうです。
私たちのお役目も、後少し…。
それまで精一杯のことをさせていただきますね。

※実はベルちゃん、タレていたはずのお耳が上がり始めました!
f0081100_1455924.jpg

※来たばかりの頃…お耳の具合がかすかに違います。
f0081100_1457076.jpg

[PR]

by aromagarden | 2007-02-27 14:46 | 香りの庭へようこそ(動物) | Comments(0)

ワンちゃん預かり日記Vol.11

ワンコたちは今が育ち盛りなのでしょうか…。
家の中のいろんなことを覚え、活動範囲がどんどん広がっていきます。
和室改造の「犬部屋」ではもう退屈らしく、出してあげた途端に走り回ります。

特に、活発なおてんば娘ちゃんはベルです。
我が家に着いた翌日から、階段を上ることを覚えました。
けれど、降りられなくて大騒ぎでした。

その日の午後、階段を下りることを覚えました。
やはり大騒ぎしながら、時間をかけて降りてきました。

翌日…もう、上り下りするのに騒ぎませんでした。動きが軽やかでした。
そしてそれを三往復ほどする間に、学習してしまったのです。

「2階には、ネコのご飯(フード)がある!」

ベルちゃんの動きを見ていたのでしょう。2階には興味を示さなかったまりんも、
とうとう上るようになりました。
でも、ベルちゃんほど軽やかには動けないので、途中まで上ったところで
私に強制退却されているベルちゃんの姿を見て、自分もおとなしく下へ降ります。

でも…まりんが覚えたことは別なことでした。

「台所は美味しい匂いがする!」

うっかりするとごみ箱をあさり始めてしまうので、台所が片付くようになりました。

ワンコが学習するとき…こちらも知恵を絞って対策を考えなければいけません。
それでも、「この子たちは賢いわ~」と思ってしまうのは、やはり親ばかなのでしょうか。

※ベルちゃんの階段上り下り証拠写真
f0081100_23365363.jpg

※まりんちゃんも階段を下りています
f0081100_23373980.jpg

※元気よすぎてママの顔に上ってしまったまりん。く、苦しいよ~
f0081100_23391449.jpg

[PR]

by aromagarden | 2007-02-26 23:29 | 香りの庭へようこそ(動物) | Comments(0)

ワンちゃん預かり日記Vol.10

土曜日の午後に、ライラ君こと心慈朗君は、優しい里親さんと一緒に
群馬を旅立ちました。
Nさん宅には、先住犬の山太くんがいます。とても繊細な子だそうですので、
もしかしたら、2匹が慣れるのには時間が少しかかるかも知れません。
でも、きっといい関係になってくれると思います。
Nさんご夫妻の愛をいっぱい受けながら、すくすくと健康に育っていってくれると
感じています。

とうとう2匹になりました。少しは寂しくなったのかな?と思いきや…
元気印のまりんとベルは、相変わらず元気に走り回り、ぽぽに甘え、
ご飯をいっぱい食べてよく寝ています。
保育園のよちよち状態から、だんだん幼稚園の年長さんくらいに成長したような…
(例えが下手でごめんなさ~い)
このまっすぐな明るさ・元気さに、家が明るくなったように感じます。

※主人お手製のサークルも、心慈朗くん以外は楽々脱走…
f0081100_18445523.jpg


※遊び疲れてソファーでぐっすりのまりん&ベル
f0081100_18463529.jpg


※ただ今、ケンカ中。でも、カメラ目線は外さない2匹であった…
f0081100_18481553.jpg

[PR]

by aromagarden | 2007-02-25 18:37 | 香りの庭へようこそ(動物) | Comments(0)

ワンちゃん預かり日記Vol.9

ライラ君の赤い糸は、急速な展開を見せて結ばれてくださいました。

私は、今回のことでとても深く確信したことがあります。
それは
ご縁というものは必ず最高の形で、最高の愛の中で結ばれていくということ。

今回ライラ君を希望してくださったのは、埼玉県のNさんご夫妻でした。
同じアロマ仲間の国立校所属の、K先生の生徒さんの弟さんご夫婦です。
Nさんは、歴代飼われていたワンちゃんたちも、やはり足が不自由な仔たちだった
そうです。
ライラ君の情報を聞かれたときに、何か感じるものがあったのでしょう。
私たちからライラ君の詳しいお話をお伝えし、その上でお気持ちを聞かせてください…と
メールでお願いしたときに、愛いっぱい溢れるメールを頂きました。

以下、本人様のご許可を頂いて掲載させていただきます。

『せっかく生まれてきたのに、痛い思い、辛い思いを最初からしているこの仔と一緒に
生活ができればと主人と思っております。
以前に一緒に暮らしておりました、サモエドの太朗そしてアラスカンマラミュートの
慈朗もハンデがありました。サモエドは私たち夫婦が気づくのが遅れてしまい前足が
曲がってしまいました。ボルトをいれる手術をしたり、水泳をさせたり・・・既に他
界した現在でもそのことを思うと胸が詰まります。マラミュートは大型犬によく見ら
れる生まれつきの股関節脱臼で、何度も手術をしてそれでも、とても長生きしてくれ
ました。
現在は家の門のところにいた、ミックス犬、山太(さんた)と一緒にくらしていま
す。このミックス犬はマラミュートがサモエドの死を乗り越えられずにいたときに
やってきました。一日中、動きもしなくなっていたマラミュートがこのミックス犬が
きてくれたおかげでまた、元のようによく笑い(?)元気に余生を送ることができま
した。

通院することになると思いますが、歴代の犬たちでお世話になっております獣医さん
がおりますので・・・大丈夫と信じています。
以前より4番目に一緒に生活する仔には『心慈(しんじ)』と名づけようと思ってい
ましたが、『治ると信じよう』ということで心慈朗(しんじろう)にしたいと考えて
います。(気が早いですね。)』

ワンたちへの愛情いっぱい…溢れる想いを感じさせていただきました。
そして、このご夫妻、ご家族ならばライラ君は本当に幸せになれると強く思いました。
Nさんのかかりつけの獣医さんは、「股関節専門」の治療の権威なのだそうです。

すべては整っている…。そして、すべては愛の中のプロセス…。
ならば、私たちもこの流れに逆らうことなく、ただ感謝の中でこの出会いを大切にさせて
いただこうと思いました。
ライラ君の未来を思うと、胸が暖かくなりました。

こんなに素晴らしい出会い…本当にありがとうございます。

※ラベンダーの香りがする暖かいタオルで拭いています
f0081100_20385957.jpg

※ぽぽちゃんのことが大好き。甘え上手です
f0081100_20395989.jpg

※ベルちゃんとツーショット。純粋無垢な瞳でいつも見てくれました
f0081100_20405116.jpg

[PR]

by aromagarden | 2007-02-24 20:27 | 香りの庭へようこそ(動物) | Comments(0)

ワンちゃん預かり日記Vol.8

我が家には新米預かりママを強力にサポートしてくれる、頼もしい助っ人がいます。

その名は、ぽぽ。

出産経験があり、おおらかな性格の先住犬ぽぽは、最初からちびワンコたちを
寛容に迎え入れてくれました。

そして
時には暖かい毛布代わりになり、
時には遊び相手になり、
時にはママ代わりにおっぱいを吸われ、
それでもじっと…
この仔たちを見守ってくれています。

一度だけ、ぽぽがおちびちゃんたちに威嚇をしたことがありました。

ワンコ全員にミルキーガムをおやつにあげたときのことです。
小さいガムを食べ終わったおちびちゃんたちは、大きいガムをまだ噛んでいる
ぽぽのところに行って、それを奪おうとしたのです。

ワンコたちの中には、ちゃんと優先順位というものがあります。
ぽぽはどんなに優しくても、寛容でも、やっぱりワンコたちのボスなのです。

とても甲高い悲鳴が聞こえ、部屋を覗いたときには心臓が止まるかと思うほど
びっくりしましたが…。
冷静に見てみると、威嚇だけで強く噛んだりしているわけではないのです。
ちゃんと、ワンコ集団のルールを教えていたのかなぁ…。
大げさに騒ぐおちびちゃんたちに、けがひとつありませんでした。

そんなぽぽちゃんに一番懐いているライラ君。
赤い糸が結ばれようとしています。
そしてそれはとても早い展開となりました。

木曜日の夜にメール、そしてお電話を頂いて、土曜日にはもう我が家へ
いらっしゃるのです。
そしてそれは、本当に心優しい…まさにライラのための里親さんであると確信したのでした。

※お世話大好きなぽぽちゃん
f0081100_20231636.jpg

※まるでお母さんみたいです
f0081100_20234568.jpg

※仲良くお水を一緒に飲んで…
f0081100_20241332.jpg

[PR]

by aromagarden | 2007-02-23 20:14 | 香りの庭へようこそ(動物) | Comments(0)

ワンちゃん預かり日記Vol.7

私たち夫婦は、仔犬を育てるのは今回が初めてです。
もちろん分からないことだらけですので、皆さんのお知恵を拝借して
手探りの毎日です。

元気いっぱいにすくすくと育っているこの子たち…。だんだんと兄妹げんかが激しく
なってきています。
今日、いつもはおとなしいライラが、何かあったのでしょうか…まりんに強く
噛み付きました。
甲高い悲鳴を聞いて部屋を覗くと、まりんがびっこをひいて私の胸に飛び込んできます。
そのとき…私は未熟にも真っ青になりました。
まりんを抱いた左腕が血に染まっていたからです。

すぐにラベンダー水で患部をケアします。最初は酷いと思われた傷口も、時間が
経つにつれておさまってきたようです。
…が、心配性の私、その後初めての「長時間のお留守番」をさせる予定でしたので、
「またケンカしてさらに傷口が酷くなったらどうしよう」との想いが沸き、
結局獣医さんに診ていただくことにしました。

獣医さんからは半ば呆れ顔で言われました。

この時期の仔犬たちは、兄妹でケンカをしながら、「どれくらいまで強く噛んでいいか」を
学んでいるのだそうです。
痛い思いをして、初めてそのラインというものを学習していく…。
それを、「可哀想」と人間が取り上げてしまうと、今度はそのラインが分からなくなって、
人間に強く噛んでしまうのだそうです。
「今回のことで、ワンちゃんたちはここまで噛んではいけないと学習しているはずですよ」
ともおっしゃってくださいました。

「考え方は飼い主さんそれぞれですから…」とやんわり言われた先生、
でも私にはとても考えさせられる出来事でした。
思い出すと、まりんが私の胸に飛び込んできたとき…ライラはまるで
「ごめんね」とでも言うようにまりんの顔をぺろぺろ舐めていたのでした。

私はそのとき気づきました。

無我夢中でこの子たちを保護し、お世話をさせていただいてきたけれど、
私は本当の意味での責任がまだ果たせていなかった、と。
ちゃんとワンちゃんたちのことを知ることは、大切なことだったのに、
「初めてだから」の言葉に甘えていなかったかしら…?

大好きなワンちゃんたちのことだからこそ、私はもっと勉強したいと思いました。
いろんなことを知りたいと思いました。
もっと頼もしい、預かりママになりたいと思いました。

そのタイミングで、玉村町主催の「犬のしつけ教室」が3/1に開催されることを
知ったのです。
早速申し込みました…ワンちゃんの習性、大切なしつけのポイント、いっぱい
お勉強したいと思います。

そして…この流れの中で、嬉しいニュースが舞い込んで来ました。
ライラ君の赤い糸です。
このお話は次回に…

PS.まりんちゃんのけがはもうすっかり良くなっています。
まりんちゃんのお母さんとお姉ちゃんへ…心配かけて本当にごめんなさい!

※おもちゃの取り合いっこ。おもちゃか食べ物のことでケンカをすることが多いです。
でも、何だか楽しそうでしょ?
f0081100_1514677.jpg

※このままケンカになるときもあるし、皆で固まって寝てしまうときもあるし…
f0081100_1524874.jpg

[PR]

by aromagarden | 2007-02-22 01:36 | 香りの庭へようこそ(動物) | Comments(4)
line

アロマセラピスト夫婦+ワン&ニャンのハッピーライフ


by aromagarden
line
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30