カテゴリ:香りの庭へようこそ(過去)( 97 )


優しく…

4月のJHAS定例会が、15日に浜松で行われました。
今回のテーマ、それは

『優しく』・・・でした。

新年会で、今年のテーマが『優しく』と発表されたとき、私の魂が
騒ぎ出した感覚を今でも覚えています。
その理由は自分でもよく分かります…私は真に『優しい』人間では
ないからです。
そして、『真の優しさ』というものを、手にしたいと望んでいるからなのです。

もちろん、私は意地悪ではありません(笑)
ある意味では、優しいところもあるのだと思います。
けれど、
私が本当に手にしたいもの…それは、表面的な優しさではなく
揺るぎない大きな愛、強い愛に裏打ちされた『真の優しさ』です。

人は、優しくふるまうことは簡単に出来ます。
言葉や行動で、それらしく見せることは可能です。
でも、
本当の優しさは相手の魂に必ず届く…そして相手を深く癒し、その人が
変わっていくお手伝いが出来る…と教えていただいたとき、
真の優しさってそんなに簡単に手に出来るものではないのだ…と知りました。

では、優しさを手にしていくには…?

そのことを、たくさんの先生方が自らの体験談でお話してくださいました。
そのひとつひとつは、地道に毎日の中で積み重ねてこられたものであり、
だからこそ揺るぎないものとして自分の中に優しさとして芽生えてきます。

真に優しい人、それは目に表れます。
真に優しい人、その言葉に表れます。
どんなに優しそうな顔をしても、言葉を取り繕っても…すべては出てしまいます。
だって、真の優しさとは表面的なものではなく、内側からのものだから。

内側から溢れる優しさを手にしていく為には、毎日接する人から…。
毎日のささやかな出来事を通して、謙虚に学んでいくことから…。

1ヵ月後、半年後…私はどこまで『真の優しさ』を手にしていることでしょう。
どこまで優しい目に変わっていることでしょう。
[PR]

by aromagarden | 2007-04-16 17:02 | 香りの庭へようこそ(過去) | Comments(0)

れんこんナゲット

基本的に、お料理は嫌いではありません。
が、やはりお仕事が忙しくてどうしても家事に手が回らないときは
どこかで上手な手抜きが必要となります。
ここ最近、どうしてもお料理をじっくりとする時間が取れませんでした。
いえ、心にゆとりがなかったとも言えるのでしょう。

久しぶりに図書館から借りてきた本で、時間をかけてお料理してみました。
とは言え、そんなにたいそうなものではないのですが…。
『れんこんのナゲット』です。

れんこんをすりおろして小麦粉等でまとめ、揚げる…というのはよく作りますが、
今回は本を見ながら、出来る限りレシピ通りに作ってみました。
私はお料理の本を見ながらも、もともいい加減な性格が災いして
分量、材料、作り方などすぐに適当にアレンジしてしまうのです。
ですから、今回は
『素直に』レシピ通りに作ってみようと思ったのです。

基本、って大切です。
そして素直にそのまま受け止めていくことも。

レシピ通りに丁寧に作ったれんこんナゲットは、今までの自分が出せなかった
美味しいお味と食感となりました。
れんこんと人参は、半分はすりおろし、半分はみじん切り…というところが
ポイントだったようです。

やっぱりね~。きちんと基本を素直に押さえれば、新しい自分の可能性が
ちゃんと広がっていくじゃない。
はい、基本に忠実に、素直に生きることと通じます。

※本当は大根おろしソースでしたが、大根がなくて作れませんでした…
f0081100_21325935.jpg
[PR]

by aromagarden | 2007-04-13 21:24 | 香りの庭へようこそ(過去) | Comments(0)

ご近所の桜

先日、生徒さんから穴場のお花見スポットを教えていただいたことを
こちらに書かせていただいたのですが。
私たちの家から歩いていける公園も、隠れたお花見スポットと言えるかも
知れません。

夕方、久しぶりにぽぽのお散歩に一緒に行こう…ということになり、
どのルートを歩こうか…となったとき、この公園のことが浮かんだのでした。

いつものお散歩ルートよりも少しだけ距離はありますが、意外と広いその公園は
子供たちが遊べる遊具のある場所、広い運動場のほかにも、お散歩コースの
ようなところがあり、変化に富んだ楽しい公園です。
同じ敷地内に公民館や図書館もあります。

気軽に出かけたその公園は、思った以上に桜がきれいでした。
あらら、灯台下暗しだったねぇ~。
主人と笑いながら、その桜の下を歩いて春を堪能しました。

幸せって、意外とすぐ側にあるものだよね。
人はつい、遠くのものを目指して頑張りがちだけれど、そっと周りを見渡すと、
大切なものって私たちの隣にあるのかも知れません。

今、まさに満開の桜の下を、主人とぽぽと…
笑いながら歩いているこの瞬間こそが、幸せなのだと感じます。

※ぽぽちゃんと桜。キュートなぽぽちゃんの顔に爆笑!?
f0081100_21224340.jpg
[PR]

by aromagarden | 2007-04-10 21:15 | 香りの庭へようこそ(過去) | Comments(0)

素直に聞く

本日は資格保持者対象の研修会の日でした。

アロマのレッスンは、本当に不思議なものです。
生徒さんにお伝えしていることが、実は一番自分が必要な言葉であり、
一番聞かなくてはいけないことなのです。

だから、先生をさせて頂くということは、とてもラッキーなことです。
レッスンを通して、どんどん成長させていただけるのですから…。

今日のレッスンで生徒さんのシェアから私がぽん、と言った言葉。
それは、
『伴侶さん、家族からの言葉を素直に聞いていますか?』
でした。

アロマを学んでいくと、とても大切な真理に触れ癒されていくのですが、
それと同時にある『落とし穴』にはまることがあります。
それは、『知っている』ことで、自分がすごいんだ、と勘違いしてしまうことです。
知っていることと、理解していることは違う…と私は思っています。
知っていたとしても、それを実践して真に自分のものにしていかなくては、
それは理解した、学んだ…ということにはならないと思っています。

頭でっかちになって、とても素晴らしいことばかり言っていたとしても
実践が伴わなければ意味がないことなのでしょう。
そして、そんな私たちを一番冷静に、一番厳しく見ていてくださるのが、実は
伴侶さんであり家族なのです。

どんなに外でいい顔をしていたとしても…
自分の一番身近な人にそれが出来ないのであれば、それは「偽り」です。
伴侶さん、家族は、その「偽り」を決して見逃すことはありません。

だからこそ、
伴侶さん・家族からの言葉に素直に耳を傾けていきたいのです。
自分では気づけない、「偽り」の部分。
自分では見たくない、「闇」の部分。
それらを指摘されるとき、思わず耳を塞ぎたくなることでしょう。
思わず言い返したり、反発したりしたくなることでしょう。
けれど、
そんなときこそ「素直に聞く」必要があるのだと思います。

伴侶さん・家族は本当に素晴らしい私たちへの協力者です。
足りないところを教えてくださる素晴らしい導き手です。
もちろん、「言いなりになる」ことと「素直に聞く」ということは違います。
謙虚に、謙虚に…言われた言葉を自分の恩師から聞いた言葉と
同じように受け止めることが出来たなら、
きっと私たちの心と魂の成長は素晴らしいものがあるのでしょうね。

ああ…本当に、私自身に必要な言葉であったと、レッスン終了後につくづく
思うのでした。

素直に…

幸せになれるキーワードです。
[PR]

by aromagarden | 2007-04-07 18:14 | 香りの庭へようこそ(過去) | Comments(0)

お弁当2007.4.5

最近はお弁当も週3回程度、上手な手抜き?が出来るようになりました。
今までは頑ななほどにおかず4品に執着していたのですが、必死になって
忙しい朝にばたばた作るよりも、「楽しい」想いで作るほうがよっぽど美味しく
出来るものなのですよね。

で、今回キントキさん(主人)から「美味しかった!」といっぱい誉めてもらった
お弁当をご紹介~。
我が家に欠かせない「ソイミート団子」を使っています。

◎ソイミート団子の甘酢あんかけ(玉ねぎ、ピーマン、人参、キノコ)
 ・玉ねぎはうす切り、ピーマン、人参、キノコも適当な大きさに切ってごま油で炒める。
 ・あらかじめオーブントースターで10分ほど焼いておいたソイミート団子も入れる。
 ・だし汁少々、みりん、しょうゆ、お酢で作った調味液を入れて味付ける。
 ・水で溶いた片栗粉を回しいれて出来上がり。

◎きゅうりと寒天サラダの和え物(きゅうりの千切り、もどるんです、錦糸卵)
 ・上記の材料をだし汁少々で伸ばしたしょうゆ、すりごまで和える。

◎ゆばがんもの煮物、ミニトマト

春野菜も出回り始めています。これからお弁当にもいっぱい入れて、季節を感じて
もらえたらいいなぁ…。

f0081100_21475762.jpg
[PR]

by aromagarden | 2007-04-05 21:30 | 香りの庭へようこそ(過去) | Comments(0)

赦すこと

『去年開催されていたヒーリング講座、今年はまだなのですか?』
と、時々聞かれます。
ご、ごめんなさい~。まだ今年は計画を立てておりませんです。
でも、必ず年内に(おいおい)開催するつもりでおります。

ヒーリング講座…癒されていくためのエッセンスを、様々な視点から私たちなりに
お伝えさせていただいております。
それは自分の経験に基づいたもの、そして自分の中にある湧き上がる
感覚を大切にしていきたいと思っているのですが、
ぼんやりと浮かぶテーマは、
「赦すこと」も癒されるための大事な第一歩だなぁと感じています。

様々なクライアントさん、生徒さんとの出逢いの中で、今苦しんでいらっしゃる方の
ほとんどが、「赦せない人」がいるようです。
もちろん、赦せない・・・という想いに至るまでにはその方同士の様々な出来事、
カルマが生じていますし、その想いは本当に大変だっただろうなぁ・・・と思わせて
いただくことばかりです。

けれど、
やはり「赦す」ことは大切だと思っています。
なぜなら、赦さない限り、自分が癒されることはなく、幸せになることも
ありえないからです。

私自身がそうでした。
どうしても赦せない人がいる…。それは、その人が私に何かをするから辛い、
のではなく、その人を赦せない心そのものが辛かったのです。
人は本当は、愛し愛されたいと願っているのだと思うのです。
それが、憎しみあったり嫌ったり、マイナスの感情を持ち合うのですから、
その心自体が悲しく、辛いものだと思うのです。

アロマという癒しの道に入って、私が一番最初に体験したのは、「赦す」という
ことでした。
相手を赦す…もちろん決して簡単なことではなかったのですが、けれど
赦そうと思ったときから、私は癒され始めました。
そして、相手を赦せない想いはまた、自分自身を赦せないという想いの投影で
あったことにも気づきました。

起こることには意味があります。そして、送ったものしか返ってこないという
エネルギーの法則…真実があります。
だから、すべては自分から始まっているのです。
そこに気づき至るとき…私たちは赦すという想いの中でカルマの糸を断ち切って
自らを癒すことが出来るのでしょう。

そんなテーマでヒーリング講座をしてみたいなぁと…ふと考えたのでした。
(いつになるか…まだ未定ですが、頑張りたいと思いますです、はい)
[PR]

by aromagarden | 2007-04-04 21:16 | 香りの庭へようこそ(過去) | Comments(0)

春のエネルギー

今週はどうやら寒の戻りがあるようですが、それでも桜が咲いて、あちこちで
お花見が催されているようですね。

私たちも今日、お花見に行ってまいりました。
残念ながらお天気の方はいまいち…。薄曇でした。桜のほうは満開のちょっと手前で
まだまだ見ごたえは十分でした。

今回は、とっても穴場なお花見スポットを生徒さんに教えていただきました。
伊勢崎の・・・です。←穴場だからヒミツ♪
そこは桜の本数はとても少ないのですが、1本1本の樹齢が高く、とてもどっしりとした
巨木にたくさんの桜が咲いていて、とても見事でした。
そんな1本の木の下に座って、そーっとエネルギーを感じてみると・・・。

うーん、やっぱりすごい♪

桜は、満開よりも咲く手前のほうがエネルギーに満ち溢れているようです。
大変な冬を頑張って過ごしてきて、ようやく花を咲かせる喜びに溢れて
いるのでしょうか・・・。
春は植物たちがぐんと生長する季節。ですからそのエネルギーも莫大なもの
なのでしょう。

そんな春の植物たちに負けないくらい・・・私もエネルギッシュに頑張りたいな。

手の平に暖かいエネルギーを感じながら、ふと、そんなふうに思いました。
春はいろんなことが『スタート』となる季節です。
気持ちも新鮮に・・・そう、初心に返って頑張りたくなります。
わくわくとこの季節を迎えて、わくわくと毎日を過ごしていきましょう。桜のように
ふわふわと・・・ね。f0081100_21523514.jpg
[PR]

by aromagarden | 2007-04-01 21:54 | 香りの庭へようこそ(過去) | Comments(0)

Happy Wedding

今日は可愛い可愛い、我がスクールの生徒さんの結婚式の日でした。

思えばその生徒さんとのお付き合いも、もう4年になろうとしています。
その頃を思い出すと…きっとその生徒さんもそう思うと思うのですが…
苦しい思い、辛い思いなどをいっぱい抱えていらっしゃったなぁと振り返ります。

そんな彼女が、
アロマを学び、自分を癒すことを少しずつ覚え、
今まで起こった出来事を深く見つめてくれるようになっていきました。
カルマの糸を解きほぐし、赦し、愛し、いっぱいの感謝をし…
気がつけば、こんな日が来るなんて…と思うほどに癒され幸せになっていました。

そんな彼女をずっと見守り続けていた彼。10年ものお付き合いの中で、
きっと一番彼女の光も闇も見てきてくださったことと思います。
どんな彼女であっても、彼は厳しくも暖かく、そしてすべてを受け入れてきて
くださったことでしょう。

彼は本当にまっすぐな方です。そして彼女をしっかりと守り、支えてくれる方です。
そんな彼と出会えた生徒さんも、やっぱり素敵な人なのです。

そして、両家のご両親の深い愛に触れさせていただくことが出来、今日は
私たちも涙涙…でした。
愛って素晴らしい…。そんな想いに包まれて、幸せいっぱいの1日でした。

これからが『真の伴侶』への道への第一歩…
今日のこの想い、感謝、愛をどうぞ忘れずに、ますます幸せになっていって
くださいね…!

※チャペルでの式。皆さん思わず涙がぽろり…感動でした☆
f0081100_22431277.jpg

※ベジのフルコース、美味しかったです。これは前菜。
f0081100_22435452.jpg

※アトラクションのひとつ、ゴスペルシンガーさんの歌声は大迫力!
f0081100_22443627.jpg

[PR]

by aromagarden | 2007-03-31 22:18 | 香りの庭へようこそ(過去) | Comments(0)

思い出ノート

シダックスのカルチャークラブにて、講師をさせていただいています。
「癒しのアロマセラピー入門」という講座なのですが、月2回、半年コースのこの
講座は、春と秋に開講します。
そのたびに新しく出逢う方、終了される方…と出会いと別れが繰り返されます。

今回、最後のレッスンがあったのですが、生徒さんから素敵な贈り物を頂きました。
手作りの「思い出ノート」とでも言えばいいのでしょうか…?
イラストのとても得意な生徒さんが、レッスンのそれぞれの内容を可愛らしい
イラストと感想を綴った文章でまとめてくれたり、レッスン終了後に撮った写真を
入れてくれたり、さらには彼女たちのプロフィール、これからの夢…などもセンス良く
素敵にまとめてくれたものでした。

そして、すごいなぁ~と思ったのは。
生徒さんのお友達、そして彼氏さんからのメッセージも付いていたことでした。
カルチャーという限られた時間と内容の中で、彼女たちはたくさんのことを受け止めて
くださり、それを周りの方に伝えられていたのでしょう。
優しい言葉、想い…がそのノートに込められていました。

こうして優しさの輪が広がっていくことは、実は思いも寄らなかったことでしたので
余計に嬉しかったです。

毎回思うことでもあるのですが、本当に出逢い…って素晴らしいと感じます。
出逢う意味が必ずそこにはあります。そして、私もまた生徒さん達からたくさんの
ことを学ばせていただくのです。

たくさんの愛が込められた手作りのこのノート・・・私は一生、大切にいたします。
彼女たちのこれからが、香りの癒しに満ちた幸せなものとなりますように…。
本当にありがとうございました。

f0081100_1561767.jpg

f0081100_1563412.jpg

[PR]

by aromagarden | 2007-03-23 01:45 | 香りの庭へようこそ(過去) | Comments(0)

結婚記念日旅行

3/19は私たちの結婚12周年記念日でした。

去年はちょうど研修旅行の真っ最中で、皆さんにもお祝いの言葉をかけて
いただいたことを覚えております。
その前の年は、スィートテンダイヤモンドの代わりにぽぽちゃんが来て
くれました。ダイヤモンドのように輝く魂を持った子を迎えられて幸せでしたが、
その前に蓼科で脱走劇があり、雪の中を捕獲するために走り回ったのを
覚えております。
そしてその前は、主人の両親が会員となっている伊豆のリゾートホテルへ
旅行に行ったのですが、寒の戻りがあった頃で、バナナワニ園で寒さに震えて
いたのを覚えております。

なんだかんだと結婚記念日は私たちにとって大切なものですから、今回も
主人の両親から会員用の無料スィートルーム宿泊券をプレゼントして
いただき、清里まで出掛けてきたのでした。

1泊2日、今回はぽぽちゃんに病院でのお留守番をお願いして出掛けました。
まだ観光シーズンの少し前…しかも平日…ということでかなり人気は少なかったの
ですが、リゾナーレ小淵沢でショッピングをしたり、お茶をしたりとゆっくり過ごして
きました。
ホテルでも温泉に3回も入って、本当にゆったりとした時間を過ごさせていただき
ました。
うーん、こんなにゆったりしたのは久しぶりかも~。

2人でいる時間は、多分他のご夫婦よりも長いかも知れません。けれどこうして
いろんなお話をじっくり、ゆっくり…する時間はやはり久しぶりだったように
感じます。
これから迎える13年目の結婚生活…。実は、大きな転機を迎えることになるかと
思います。
それは、私たちがますます幸せになるために必要なことなのだと思っています。

スィートルームがいっぱいで、デラックスルームとなったのですが、それでも窓から
見える景色は抜群で、美味しいフレンチのベジタリアンも頂くことが出来、幸せな
1泊2日でした。
いよいよ春、新しい季節、新しいことのスタート…。この節目に私たちもこれから
ますます気持ちをひとつにして頑張っていきたいと思います。

お祝いの言葉をかけてくださった皆様…ありがとうございました♪

※コース料理の一品。前菜でしたが、このソラマメのフランが絶品~。
f0081100_2347710.jpg

※こちらはメインのクロケット。すでにお腹がはちきれそうだった。
f0081100_2347462.jpg

※窓から見える八ヶ岳。実は、富士山までもがくっきりと見えました♪
f0081100_2349361.jpg

[PR]

by aromagarden | 2007-03-21 23:32 | 香りの庭へようこそ(過去) | Comments(0)
line

アロマセラピスト夫婦+ワン&ニャンのハッピーライフ


by aromagarden
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30