カテゴリ:香りの庭へようこそ(過去)( 97 )


母の日

母の日には、いつもお花を贈らせていただいています。
この日にちょうど帰省することが出来ればいいのですが、大体GWも
帰ることが出来ないことが多いので、どうしても直接「ありがとう」が
伝えられない…。
そんなもどかしさも、日ごろの感謝も、大好きだよ~という想いも…
お花にすべて託して贈らせて頂いているのです。

私たちの想いを乗せてくれるお花…。
実は、お仕事(アロマ)仲間でもある大阪の先生が、お花を作って
くださるのです。
その先生は、アロマセラピーだけでなくお花の先生でもあります。
彼女が作ってくれる素敵なアレンジメントは、いつも私たちの心を
和ませ、癒してくれる、それはそれは優しいお花なのです。

お花という物質…そこにどれだけの想いを乗せていくことが出来るでしょう。
ただ何かを贈るだけ。形だけ。それでは本当に悲しいものです。
純粋な想いがこめられたものは、相手の心深くまで響き、そしてその想いは
必ず届くものだと、私は思っています。

大好きな実母、そして義母への、ささやかながら私たちからの感謝を
精一杯こめたお花…。
その想いを誰よりも理解してくださり、たくさんの優しいエネルギーをこめて
アレンジメントとして作ってくださるその先生には、
大きな信頼と感謝を寄せています。

今年もとても素敵なお花を作ってくださいました。見ているだけで
癒され、幸せな気持ちになるお花です。
両母もとても喜んでくれました。その声を今年も聞くことが出来て、本当に
嬉しいです。

何よりも子供の幸せを一番に考えてくれる大切なお母さんたち…。
お母さんたちの子供に生まれてきたことを誇りに思っています。
そして、
だからこそ私たちはもっと幸せに、もっと癒されていきたいと願っています。
f0081100_23434097.jpg
[PR]

by aromagarden | 2007-05-13 23:31 | 香りの庭へようこそ(過去) | Comments(0)

タコライス

初めてこの言葉を聞いたとき、とっても不思議だったのを覚えています。
タコライス?タコが入っているの?
未だによく分かっていないのですが、簡単に考えるとタコスのご飯バージョン?
とも言えるのかしら…。

分かっていないくせに突然作ってみたくなり、今日のランチはタコライスに決定。
我が家の食材ショップ棚から、『ベジタコス』の缶詰を購入します。
(自宅ショップでも、ちゃんと自分たちで使うときは購入するのですよ~)

先日食材の仕入先から頂いたチラシに、タコライスの作り方が載っていたので
それを真似させていただき、後は適当にオリジナルに。

冷蔵庫の野菜室にあったなすとエリンギを大きめのみじん切りにし、
フライパンで炒めます。
そこに缶詰のベジタコスを入れ、塩、こしょう、ケチャップを入れて
味を整えます。
熱々の炊き立てご飯をどんぶりに入れ、その上にベジタコスを乗せ、
ちぎったサニーレタス(レタスがなかったので)、くし切りにしたトマトを乗せて
細切りのチーズを最後にトッピング。
頂く直前に思いっきりかき混ぜます!

初めてのタコライス、主人からもまずまずのお言葉でした。
今度は半熟の目玉焼きを乗せてくれ~とのリクエスト。
(それって、ナシゴレンやロコモコと間違えてる?笑)
これからもっと、いろんな工夫が出来そうです。
f0081100_1715259.jpg
[PR]

by aromagarden | 2007-05-11 16:52 | 香りの庭へようこそ(過去) | Comments(0)

小さな羽根

先日ディプロマ試験を受けられた生徒さんの、追試験が本日行われました。
前回から約3週間…。
決して長くはないこの期間に、その生徒さんは一体どれだけのことに
気づく事が出来たでしょう。
どれだけのことを手にすることが出来たでしょう。

ディプロマ試験は、その人のすべてが出ます。
どんなに取り繕っても、
どんなにごまかしても、
決して隠すことは出来ません。
トリートメントの技術それ以前に、その人がどれだけ癒されているか、
どれだけ癒しのエネルギーが出ているか…がすべて見抜かれてしまうのです。

そして、だからこそ、このディプロマはとても価値があるものでもあると、
私は強く想うのです。

今回、生徒さんは前回の試験で鮮明になった自分の課題に、
逃げることなく
ひるむことなく
まっすぐに向き合ってくださいました。
想いと行動を一致させ、素晴らしい愛の一歩を踏み出しました。
その頑張りが、今日この日にすべて現れました。

自然と溢れる笑顔
自然とこぼれる優しいエネルギー
それらに包まれて一途に一生懸命施術をする彼女…。

結果は、この日受けられたすべての受験者の方が合格となったのでした。

ディプロマ試験に生徒さんをお連れするたびに、このお仕事をさせて
頂ける喜びに包まれます。
癒された生徒さん、そして今度は癒す側として歩み始める生徒さん。
私はいつも、試験に合格されるたびに生徒さんの背中に
小さな羽根を見る想いなのです。

傷ついた心、身体、魂を自ら癒すことが出来た貴女…。
貴女の背中には、今、貴女本来の小さな羽根があります。
どうぞその真白き羽根を思う存分羽ばたかせて
たくさんの愛を大切な人たちに流していってください。

合格…本当におめでとう。そして、たくさんの愛と学びをありがとう。
[PR]

by aromagarden | 2007-05-09 16:33 | 香りの庭へようこそ(過去) | Comments(0)

ホームベーカリー

実家の母から、ホームベーカリーをプレゼントしてもらいました。

先日、生徒さんのディプロマ試験で久しぶりに実家に帰る機会が
あり、朝食に母お手製の焼きたてパンを出してもらったことから
始まります。
もともと、ホームべかりーが欲しいな~と思っていたところだった
ので、根掘り葉掘りいろいろと聞いてしまいました。
太っ腹な母は、知らぬ間に同じものを早速注文してくれていたのでした。
お母さん・・・本当にありがとう~!

パン大好きな主人。かつて静岡に居た頃はパン教室にも通って
いました(私が、です)。
主人の喜ぶ顔が見たくて、いろいろと凝ったパンも作ったものでした。
こちらに来て、お仕事もさせていただけるようになって、
少しずつそんな時間がなくなってきたように思います。

母のマイブームにちゃっかり便乗して手にさせて頂いたわけですが、
感謝の想いいっぱいで、早速使わせていただいております。
何より、主人の喜ぶ顔がまた見れるのは嬉しいものです。

機械が作るものだから、手作りとは言いがたいものかも知れませんが、
いえいえどうして…。
愛情たっぷり、機械の中に一緒に入れております。
いっぱい感謝の想いも入れております。
料理って、凝ったものでなくても、ある意味手抜きであっても、
一番大切なものはやはり『愛』というエッセンスですものね♪

まだまだ、普通の食パンを練習している?ところですが、そろそろ
いろんなバリエーションのパンも作ってみたいと思います。

美味しい食卓。
笑顔いっぱいの食卓。
毎朝の元気を、食卓から運んでいけたらいいですね…☆

※出来上がったばかりのパンです
f0081100_2311277.jpg

※ちょっとだけ応用。くるみとレーズンを入れたバージョン。
f0081100_2321566.jpg

[PR]

by aromagarden | 2007-05-06 22:52 | 香りの庭へようこそ(過去) | Comments(0)

今年もまた会えた

群馬に来て、早7年。
毎年この時期になると必ず訪れる場所があります。
群馬ではないのですけれどね…

あしかがフラワーパーク』です。

とても大きな藤が見事に咲いています。
『世界が息を呑んだ美しさ』というのがキャッチフレーズだそうですが
本当にそのもの…その美しさに感動して、毎年必ず見に行く
ことにしています。
この大藤は、移植されたものですが、それはそれは大変な苦労が
あったのだそうです。
たくさんの人がこの藤の移植に一生懸命関わってくれて、
今のこの見事な藤がある…。
そこに思いを馳せると、藤の生命、関わってくださった方の想い、
すべてが重なり合って美しいのかな…と思います。

そして、私はいつもこの藤を見に行くと「また今年も会えたね…」と
想うのです。

たくさんの人ごみの中、静かに藤と、いえ自分自身と対話しながら、
いっぱいエネルギーを送らせていただいています。そして
「来年もまた来るね…それまで毎日、一生懸命生きていくね」と
そっと心の中でつぶやいています。

見知らぬ土地に来て、分からないまま一生懸命だったあの頃、
私を癒し感動を与えてくれた藤の美しさ・・・。
この感謝の想いは今年も途切れることなく、また今年も元気に
主人と一緒に『挨拶』に行けることが、私には本当に嬉しいことなのです。

※今年は初!夜のライトアップを見に行きました!
f0081100_22385449.jpg
[PR]

by aromagarden | 2007-05-04 22:30 | 香りの庭へようこそ(過去) | Comments(0)

アロマセラピスト養成コースについて

私たちのアロマセラピースクール『アロマ☆ガーデン』は、
JHAS(日本ホリスティックアロマセラピー協会)の提携校です。
JHASは今年で11周年を迎え、新たな流れへとステップを
進ませています。

この度、アロマセラピスト養成コースにつきましては
皆様にとってより学びやすいように…と改定がなされました。

このコースをご希望される方には、簡単な面接をさせて頂きますが、
基本的にはどなたでも入学されることが出来ます。
どうぞご安心してお問い合わせくだされば嬉しく思います。

私たちがお伝えするホリスティックアロマセラピー…。

精油という、地球からの贈り物、優しい癒しのツールを通して
自分自身を優しく深く見つめ癒していくこと。
自らを癒す体験を通して、私たちは今まで以上に優しさや
思いやり、愛をというものを思い出してきます。
そしてその想いは自分から家族に、そして周りの方たちへと
あふれ出し流れていきます。
アロマセラピーとは、毎日の中から愛と幸せを育んでいくものなのです。

そんな素晴らしい体験を、たくさんの方に手にして頂けたらと
願っています。
そして、共に楽しく学んでいけるご縁を心よりお待ちしています。
[PR]

by aromagarden | 2007-05-01 23:24 | 香りの庭へようこそ(過去) | Comments(0)

新しい流れ

伊豆での研修旅行に参加してまいりました。

私が所属するアロマの団体では、研修がとても盛んです。
私たちが人として、アロマセラピストとして…より成長していくために、
スキルアップを重ねていく為に、とても配慮してくださっているのです。
参加させていただくたびに、たくさんの愛と勇気を頂き、気持ちも新たに
「頑張ろう~♪」とわくわくさせていただくのです。

さて、
今回の伊豆での研修は…。
今までの私たちのあり方、そしてこれからの私たちのあり方について
大きな流れの変革がありました。
それは本当にびっくりしたことなのですが、その背景にある導き手の
深い想い、優しさに触れ、胸がいっぱいになりました。

これからのJHAS、これからのアロマ☆ガーデン…。
大きく流れが変わっていくことと思います。
そしてそれは、ますます優しく、力強く、癒しの道として拡がっていくのだと
感じています。

人はその都度、成長の度合いでしなやかに変化をしていくものだと
今回教えていただいたように思います。
そして、
成長しながら何度も癒しの原点に立ち返っていくのだとも…。
変化はします。
けれど、
大切なものはやはり変わらずに大切にしていこうと思います。
皆様には、これからHPのリニューアル等でお知らせさせていただく
予定です。
どうぞお楽しみに…☆
[PR]

by aromagarden | 2007-04-29 21:31 | 香りの庭へようこそ(過去) | Comments(0)

出逢いと再会

本日、桐生南口シダックスカルチャークラブさんで、体験講座を
開催いたしました。
『癒しのアロマセラピー入門講座』という、半年コースの講座を開いて
おります。
こちらで講座を持たせていただくようになってから…もう4年にもなるのですね。
春と秋の募集にあわせて、生徒さんたちとのご縁を頂いています。
そのたびに、いろんな方と出会い、いろんなことを教えていただきました。
お一人お一人との出逢いが、私にとっては宝物のようです。

今回体験講座に来てくださった方々とも、素敵なご縁を感じています。
そのうちのお一人は、実は『再会』でした。
もう一人の方は初めましてなのに、なぜか教室は和やかなムードです。
まるで昔から知っているかのように、しっくりくるメンバーでした。

出逢いって、本当に不思議なものだなぁと思います。
きっと、出逢う人たちは何か深い意味があって出会うのでしょうね。
今までのクラスもそうでしたが、本当にそっくりな人たちだったり、
何かしら共通するものを持っていたりするのです。
今回のクラスは、とても優しい雰囲気です。
これからの半年間が、私もとても楽しみになってまいりました。

見知らぬ土地、群馬に来て早7年…。
これからもこのお仕事を通じて出逢う方たちがいることでしょう。
ひとつひとつのご縁を大切にしていきたいと思います。
新クラス…これからにわくわくしています。
[PR]

by aromagarden | 2007-04-26 21:16 | 香りの庭へようこそ(過去) | Comments(0)

我が家の庭の、春…

涼しかったり、暑くなったり…今年の春は気温の変化が激しいですよね。
これも地球温暖化が原因なのかなぁ。そんなことをふと、思ったりします。
今日は4/22、アースディですね。

地球の日…。
この日をこう定めた人は、どんな思いで命名したのでしょう。
私たちが住む地球を、きっと愛してやまない想いだったのでしょうね。

我が家の庭も、少しずつ春らしく花が咲き始めました。
ハーブ類も、随分と育ってきたようです。

毎年、プランターに植えるチューリップは、今年も無事に咲きました。
こぼれ種で増えたペチュニアが、勢いよく花を咲かせています。
定番、チェリーセージも早々と赤い花を付け始めました。

地球という規模で考えることも大切。
我が家の庭先という規模で優しく愛でることも大切。
だって、
毎年寒い冬を乗り越えて、こうして可愛い花をつけてくれるのだもの。
感謝という想いは同じです。

今年はもう少し…お庭に手を入れて、ベジタブルガーデンを作ってみよう。
ハーブももう少し種類を増やして植えてみよう。
わくわく、楽しい気持ちが広がってきます。
春ですね…。

※チューリップ。種類がいろいろあるようで、豪華な造りです。
f0081100_21132019.jpg

※プランターからこぼれて、地植えになったらすごい勢いです。
f0081100_2114142.jpg

※チェリーセージ。いつもアメジストセージと張り合っています(笑)
f0081100_21143625.jpg

[PR]

by aromagarden | 2007-04-22 21:06 | 香りの庭へようこそ(過去) | Comments(0)

ディプロマ試験

JHASの本部がある浜松にて、アロマセラピスト養成コースの
生徒さんの、ディプロマ試験が行われました。

私たちのスクールでは、通常1年半くらいの時間をかけて学んでいただき、
卒業試験、そしてディプロマ(資格)試験…と進んでまいります。
そしてここまでくるのに大体2年くらいかかるのですが、その間には
本当に様々な出来事があり、生徒さんは心も身体も魂も癒され、成長して
いかれるのです。

ディプロマは、単なる資格試験とは私たちは考えていません。
これからプロとして生きていく、その覚悟がなければ決して手に出来るもの
ではないのです。
それは、『プロとしてお仕事をする』=『アロマのお仕事をする』という
意味だけでもありません。
もちろん、アロマセラピストとしてアロマに関わるお仕事をしていくのは
幸せなことですが、私たちが求められているのは実はそれ以上のことなのです。

この2年近くの年月の間に、どれだけ自分を癒してこれただろうか?
そして、周りの人の癒しのお手伝いをどれだけしたいと強く思っているだろうか?

ここにも何度も書かせていただいているかも知れません。
人の心を癒すには、自分の心が癒されていないと出来ません。
人の身体を癒すには、自分の身体が癒されていないと出来ません。
そして
人の魂を癒すには、自分の魂が癒されていないと出来ないことなのです。

自分を癒すだけ、家族を癒すだけ…もちろん、それは一番の基本であり
大切なことでもあるのですが、それだけでしたらプロとしてのディプロマは
必要ありません。
この癒しのエネルギーを、どれだけ周りにお伝えしたいか…という想いが
大切なのですね。

そしてそれは、深い感謝の表れである、とも思っています。
癒されてくると見えてくるものがあります。それは、どれだけ不幸な人生と
思って歩んできた道のりも、実はたくさんの人に支えられ愛されてきたと
いう真実です。
だから、
関わってきたすべての人への溢れる感謝の想いが、この道へとさらに
進ませてくれるものなのです。

今回、晴れてディプロマまで臨んだ生徒さんも、たくさんのプロセスを
歩まれてきました。
その中には辛かった出来事、トラウマ…たくさんありました。
けれどこの日に流した彼女の涙は癒された涙でした。
どれだけ自分が愛されてきたか…そこに想いを馳せて、感謝の涙、そして
謝罪の涙が魂から流れていきました。

ディプロマ試験は受験者全員が不合格。
でも、皆さん本当に晴れ晴れとしたいいお顔でした~。まっすぐに自分の
未来を見つめる、生き生きとしたお顔に変わっていらっしゃいました。

追試は5/9…。この日までにまた、たくさんの癒しのプロセスを歩むことでしょう。
そしてそれはまた、引率している私の学びそのものでもあるのです。
[PR]

by aromagarden | 2007-04-19 17:29 | 香りの庭へようこそ(過去) | Comments(0)
line

アロマセラピスト夫婦+ワン&ニャンのハッピーライフ


by aromagarden
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30