カテゴリ:香りの庭へようこそ(過去)( 97 )


新しい風が吹く…

あんなに暑かった毎日が嘘のように、最近は涼しい日々が続きます。

気がつけば、もう暦は9月です。夜になると虫の音が静かに聞こえてきて
確実に秋の気配を感じるようになりました。

9月…毎月1日になるとそうと言えばそうなのですが、何だか新学期が
始まったような、新鮮な気持ちになるのは私だけでしょうか?

私たち夫婦が運営しているアロマセラピーのスクール&トリートメント
ルームも、いよいよ9月から新しい流れとなっていきます。
私たちは日本ホリスティックアロマセラピー協会というところに所属して
いるのですが、この協会で春先に改定された新しい規約の施行が、
9月から始まるのです。
この10年…アロマセラピーに携わらせていただいてきて、いろんなことが
ありました。
そしてそのひとつひとつが、やはり今の私たちへとつながる大切な
出来事ばかりでした。

私たちがお伝えしているホリスティックアロマセラピー…それは心と身体、魂
までもを深く癒すアロマセラピーです。
人間というものを、自分自身というものを丸ごと受け止め、深く見つめて
癒していく…そのプロセスを香りと共に歩んでいくのです。
この基本姿勢はそのままに、よりたくさんの方にこの香りの癒しに触れて
いただけるよう、私たちはこれからも頑張らせていただくことでしょう。

秋に向けて…新しい出会い、これから起こるであろう様々な出来事に
今からわくわくしています。
新しい時代の風に心地よく吹かれながら、心機一転、頑張っていきたいと
思っています…

※スクールやトリートメントのご案内は、HPに詳しく掲載しております。
どうぞご覧下さいませ☆
[PR]

by aromagarden | 2007-09-01 17:16 | 香りの庭へようこそ(過去) | Comments(0)

我が家ブランド

久しぶりのお弁当です。

本日のおかず
・豆腐カツ(前日の夕食に出しました)
・がんもどきの煮物(こんにゃく、人参、まいたけ)
・もやしのポン酢和え(わかめ、ソイハム、錦糸卵、しそ)
・ミニトマト

らふぃー(以下ら):「ねぇ、昨日お隣のYさんが家に来てくれたの。でね、
庭でとれたからってミニトマトをおすそ分けしてもらったんだよ」
キントキ(以下キ):「おぉ、そうか~。Yさんのところのトマトは美味しいからな。
Yブランドだからなぁ」

ら:「えぇ~(笑)、何、それ」
キ:「だって、Yさんのところは地植えで、しっかりと作っているじゃないか。
そういうのは美味しいから、もうブランドと同じなのさ」

ら:「あっ、それなら我が家のお野菜もブランドだよ。だって今年は初めて庭に
お野菜コーナーを作ったでしょ。地植えにしたらプランターで作って失敗した
茄子も、すごく大きいのが出来たんだよ、ほらっ!(茄子を1本見せる)
キ:「な、なんだ~このでかいの!」

ら:「でしょ~、私もびっくりした。まだトマトは青いけれど、もう少ししたら
収穫できるよ。それからね。初めてオクラの苗を植えてみたけれど、何だか
可愛いのが出来てきたよ。こっちも楽しみ~」
キ:「そうか~、我が家もブランド野菜か~(?)そうそう、今年のしそはいまいちだな。
やっぱりプランターだと難しいかな。来年は同じく地植えにしてみたらどうかな」

ら:「そうだね、そうしてみる。今日のお弁当にはYブランドのミニトマトと、
我が家ブランドのしそが入っているからね」
キ:「そうか、お野菜ブランドのコラボレーションだっ」

…いまいちピントがずれている我が家の会話ですが、今年は庭の片隅にせっせと
お野菜コーナーを作り、茄子・トマト・オクラの苗を植えてみました。
すくすく育って、もうすぐ収穫の時期です(茄子は採れています)。
お野菜コーナーの周りは雑草がすごくて、まるで「自然農法(笑)」
大地の恵みと太陽からの恵みを頂いて、作る喜びを味わっています。f0081100_89338.jpg
[PR]

by aromagarden | 2007-08-11 07:56 | 香りの庭へようこそ(過去) | Comments(0)

鎌倉1DayTrip

私たちの夏休み第一弾として、鎌倉まで日帰り旅行を楽しみました。

なぜ鎌倉かって?理由はあきれるほど単純なのです。
友人のお墓参りに東京まで出たとき、久しぶりに在来線に乗ったのですが、
そのときの会話

「ねえ、この湘南新宿ラインって、横浜とか茅ヶ崎とかまで続いているみたい」
「へぇ、じゃあそれに乗って、今度そっち方面に行ってみようよ」

ずっとお家にいて、ぽぽのことばかり考えてめそめそしていたら、それこそ
ぽぽが心配しちゃいますからね。
私たち生きている者が、しっかりと人生を楽しんでいくことは大切だと
思っています。

私たちの鎌倉行きを知った友人が、「じゃあ鎌倉で会おうよ!」と言ってくれ、
現地で待ち合わせ。
初めて行く鎌倉はどこかしら海の匂いがして、私たちの住む海なし県とは
やはり違います。
そして、由緒あるお寺と緑の多さが、私たちの心をほっと和ませてくれます。

初めてですから、お決まり?のコースを案内してもらい、そして3人で
心ゆくまでおしゃべりを楽しみました。
久しぶりに海が見たい、と稲村ガ崎まで江ノ電で行って、潮の香りも堪能。
少しだけヒールのあるサンダルで来たのですが、私の足が痛くなるほどに
歩き回りました。
いっぱい笑って、いっぱい食べて…時間が本当にあっと言う間に過ぎて
いきました。

ぽぽの話もいっぱい聞いてもらいました。うん、親ばかの自慢話(笑)
心優しい友人は、私の気持ち、主人の気持ちもにこにこと受け止めてくれ、
一緒にぽぽとの時間へタイムスリップしてくれました。
こんなふうに受け止めてくれ、励ましてくれる友人、知人がたくさんいる
私たちは、本当に幸せで恵まれていると思います。

旅って、いいなぁと思います。ちょっとした日帰り旅行であっても、気持ちの
転換がとても出来ます。日常の中で煮詰まってしまったときも、視点を
切り替えてくれるお手伝いをしてくれます。

心地よい鎌倉の風に吹かれて…
海風と共に、優しさというお土産を手にして、帰途に着いた私たちでした。

※江ノ島をはるかにのぞむ
f0081100_17225732.jpg

※お約束?鎌倉の大仏さまです
f0081100_17241324.jpg

[PR]

by aromagarden | 2007-08-07 17:25 | 香りの庭へようこそ(過去) | Comments(0)

トリートメントのココロ

研究科上級もいよいよ大詰めの生徒さんがいらっしゃいます。
トリートメントの練習に励んでいるところですが、最近では
卒業生(資格保持者)の方にトリートメントモデルになって頂いて、
様々なところをチェックしてもらっています。

背中のトリートメントをしているとき…。
私がモデルになっているAさんに尋ねます。
「圧の具合はどうですか?手は温かいですか?気づいたことが
あったら言ってくださいね」

Aさんはこう言いました。
「圧はちょうどいいです。手も温かいです。でも…」
「でも?」
「なんて言うか、エネルギーがあまり感じられない。伝わって
こないんです」
どういうこと?と想われる方もいらっしゃるでしょう。

私は生徒さんに聞きました。
「今、何を考えてトリートメントしていました?ストロークの呼吸や
手技に気を取られていませんでしたか?」
生徒さんははっと気づかれたようです。

アロマトリートメント…深くからリラックスでき、癒される施術には
手技だけではない大切なものがあります。
それは、私たちセラピストの、『相手を想う心』というものです。
出会わせていただいたクライアントさんが癒されますように…
リラックスされますように…幸せな気持ちになりますように…
そんな優しい想いで身体に触れさせていただくのと、
ただ機械的に手技に没頭するのでは、
やはりクライアントさんの受け止め方は大きく異なってくるのです。

一生懸命施術に励んでいた生徒さんは、真剣なあまり
その優しい心をつい置き去りにしてしまったようでした。

深呼吸と共に気持ちを切り替えてもらいます。
そうすると、手に付けたトリートメントオイルさえも優しい香りに
変わってきます。
穏やかな表情に変わった生徒さんの施術は、先ほどとは違う、
とてもゆったりとした見ていて気持ちの良いものに変化しました。

「Aさん、どうですか?何か変わりました?」
「はい、急に手が熱くなって、何だかとっても気持ちよくなりました~」

人の感覚はバカにできないもの…。
そして、人の心は「エネルギー」として必ず相手に伝わるもの…。
私たちは、心のこもったトリートメントをお伝えしています。
それが優しい癒しとなるように…
[PR]

by aromagarden | 2007-07-17 18:41 | 香りの庭へようこそ(過去) | Comments(0)

お見舞い申し上げます

今朝、新潟中越地方で、大きな地震がありましたね。
ここ群馬でも結構大きく感じるほどでした。

テレビでは随時情報が流れてきています。
その映像に、思わず涙が浮かんでしまうこともあります。

新潟には、お仕事を通して出来た私たちの大切な友人・知人が
たくさん住んでおります。
そしてそのご家族ももちろん、住んでおります。
友人達の無事を確認でき、ほっと安心していますが、未だ被災地では
大変なご苦労をされている方たちが大勢います。
そして、私たちのように新潟に大切な人、家族が住んでいる人達の
心配や不安を想うと、とても他人事とは思えません…。

まず、今の私が最初に出来る大切なこと…。
実際にお役に立てることを模索しながら、一番最初にさせて
頂きたいこと…。
それは、私たちの想い…心を届けたいということです。
今すぐに何も出来なくても、心だけは届けてあげたい。
心だけは無限大に届けてあげることが出来るから…。
新潟の方たちへのお見舞いの想いを、いっぱい送らせて
頂きます。

どうか1日も早い復興がされますように…。
この出来事で傷つかれました新潟の皆様の心が、少しでも
安心され、安らげますように…。
[PR]

by aromagarden | 2007-07-16 18:28 | 香りの庭へようこそ(過去) | Comments(0)

知ることと理解することとは

思春期の頃の私は、とてもナーバスな子でした。
とても多感で、自分の感情や心に振り回されることが多かったのです。
そして、心というものがとても不思議でした。
どうしたら「平穏な日々」が過ごせるのだろう…と悩んでいました。

だから、進路は心理学を学ぶ事を選択しました。
心理学を勉強することで、少しでも自分の心を知り、コントロールできる
かも知れないと想ったのです。
心理学の勉強は楽しかったです。大学では大切な友人も出来、とても
充実した時間を過ごすことが出来ました。

けれど、最初の目的は達成されませんでした。
心理学を一生懸命学んでも、私の心は相変わらず暴れていたからです。

今、私はアロマセラピーを学び、アロマセラピーをお伝えする身として、
必ず生徒さんにお話することがあります。
精油をいっぱい使ってください。
たくさんの体験をしてください、と。

アロマセラピーには様々な視点からのお勉強があります。
精油の成分的な勉強もそのひとつ。そしてそれは大切なことでも
あるし、素晴らしいお勉強でもあると思っています。
けれど、
精油の成分を知っていることと、精油を使って癒されることは
別のことなのです。
どんなに精油の成分を知っていたとしても、使ってみなければ
分からないのです。
精油の何が素晴らしいのか…それこそ使ってみて自分が体験して
初めて理解できるものなのです。
そして感動することが出来るのです。

癒される…それは頭で理論づけられることではありません。
心理学を学んでも、癒されることはなかった私のように。
癒される…それは体験なのです。
精油という地球の恵み、生き生きとした生命エネルギーのつまった
ツールを通して、自らが体験していくことなのです。
そして、頭ではない、心で、身体で、魂で体験したことは
確実に自分の中で糧となり、次へのステップへ導いてくれるのです。

昔好きだったフランス映画の監督さんが、何かのインタビューで
こんなことを言っていました。
『知っていることと理解していることは違うんだ』

知っていても…それは本当に理解したこととは違う。
理解するということは、自分の感覚すべてで実感したことなのだと
私は思います。

揺るぎのない癒された感覚。
自分の感じた体験。
それこそがアロマセラピーという醍醐味でもあるのです。
[PR]

by aromagarden | 2007-07-05 22:53 | 香りの庭へようこそ(過去) | Comments(0)

ベルガモットの香りが好き♪

梅雨時になると、どうしてもすっきりとした香りに惹かれます。
ペパーミント、ローズマリー、ユーカリ・・・。

しとしとと雨が降る日の朝、いつものように精油棚から今朝の芳香浴の
香りを選んでいました。
ふっ…と手を伸ばしたのはベルガモット。
何気なく香りを確かめて…
「おぉ、なんていい香りなんだ~!」と妙に感動してしまったのです。

で、その日はどの部屋にもベルガモット(笑)。
単純なんですね、私。

ベルガモットの香りは柑橘系。北イタリアのベルガモという町で生産されて
いるミカン科の果実です。
アールグレイの紅茶の香り付けにも使われているのです。

ベルガモットは、精油の中でもブレンディングファクター(香りの強さ)が
最も弱いとされています。
その儚げな香りがまた…いいのです。
そして、他の香りとブレンドしてその良さが発揮されるという、なんとも
奥ゆかしい香りでもあるのです。

特に目立った理由がなくとも…例えば雨が続いて何となく気持ちがめいって
しまうようなとき。
ベルガモットの香りを嗅いで、ほっとすることがあります。
優しくて暖かいのです。優しく包まれている…そんな感じです。
もちろん身体に働きかける様々な効能もあるのですが、何よりもこの
ベルガモットの香り…私の心がとっても欲していたようでした。
少しだけ、和みたかったのかも知れません。

今日は様々な精油とブレンドしながら、ベルガモットの香りが家中に漂って
いました。
明日の私…どんな香りを選ぶのでしょう。
どんな香りで癒されるのでしょう。
[PR]

by aromagarden | 2007-07-04 22:32 | 香りの庭へようこそ(過去) | Comments(0)

1年の折り返し地点…7月

f0081100_1231970.jpg

少し涼しくなってきた夜中に、カモミールのハーブティーを飲みながら
ブログに向かっています。

今日からいよいよ7月…ちょうど2007年も半分を過ぎたということですね。
時間が経つのは早いなぁと思います。
折り返し地点まで来て…改めて今年の私自身の歩みを振り返ってみます。

頑張っているところ
足りないなぁと気づいたところ

いろいろあっても、まずは頑張ってきた自分をちゃんと認めてあげて、
これからの半年を幸せに過ごすために生かしていこう、と思います。
気持ちが新鮮になってわくわくしてきますね。

さて、私たちのお仕事について、お知らせをさせて頂きたいと思います。

アロマセラピースクール&トリートメントルーム・アロマ☆ガーデンでは、
7月より定休日が変更となりました。

毎週日・月休みとなります。
オープン時間は10:00~21:30となります。
完全予約制となっております。レッスンやトリートメントの予約等が入って
いますときは、大変申し訳ございませんが対応が難しくなってしまいます。
ご来訪の際にはお手数ですが、事前にご連絡をいただけるよう、お願い
申し上げます。
また、研修等で臨時にお休みを頂くこともございます。何卒ご了承
くださいますよう、重ねて申し上げます。

アロマセラピスト養成コースの新規クラスがスタート予定です。
土曜日クラス…午前クラスか夜クラスを選択できます。
すでにこのクラスでの受講希望の方がお待ちしていますので、
すぐにレッスンがスタートできます。
ご希望の方にはガイダンスとしてスクール説明をさせて頂きます。
詳細については資料請求等お問い合わせください。
[PR]

by aromagarden | 2007-07-01 01:09 | 香りの庭へようこそ(過去) | Comments(0)

倶会一処

今日はお仕事をお休みさせていただいて、東京まで行ってきました。

少し前、友人から連絡を頂いていたのです。
去年亡くなった友人のお墓が出来たよ…と。

その友人は、主人の高校時代からの親友でした。
彼と彼のご家族と、私たち・・・。会う機会は減っても、いつもお互いを
思い、信頼し、そしてこの暖かな関係はずっと続くものだと思っていました。
私たちの人生の中で、彼らとの素敵な時間が、このまま優しく積み重ねられて
いくのだと…疑うことはありませんでした。

彼の時間が38歳で止まってしまった去年の6月。
どれだけ私たちは泣いたでしょう。どれだけ彼を思ったでしょう。
悲しみの中で他の友人たちと支えあいながら、自分たちの中に
この出来事を受け入れていくには、時間が必要でした。

彼のお墓は、彼が愛してやまない「谷中」の地にありました。
季節の木々が植えられた緑豊かな墓地に、彼の名前が刻まれた
新しい墓石がそっとたたずんでいました。
そして
その墓石にはこう刻まれていたのです。

「倶会一処」

通常は「○○家之墓」と刻まれる部分に書かれたその言葉…。
それは、
お経の中にある「また会いましょう」という意味であると
教えてもらいました。
その言葉を墓石に刻む…彼の奥様らしいなぁ…と思います。

また会えるのは
あの世でのことなのか、それとも輪廻転生のことなのか…
私には分かりません。
でも、
この1年の中でずっと大切にしてきた想いがあります。

彼と出会って、彼と彼のご家族と共に過ごしてきた時間。
そこから私はたくさんのものをもらってきました。
本当にかけがえのないものをもらってきたのです。
だから
私の中に彼はずっといるのだと…。
彼からもらった大切なものが、何度も私の中で温められ、
生かされていくのだと…。
私たちが彼のことを
感謝の想いで思い出すとき、
私たちは彼にまた出逢っているのでしょう。

爽やかに吹く風の中に。
きらきら光る木漏れ日の中に。
優しく香る花々の中に。
そして
私の中に…
[PR]

by aromagarden | 2007-06-30 22:31 | 香りの庭へようこそ(過去) | Comments(0)

女性ならやっぱり…☆

今日は、先日行われたトリートメント研修の補講がありました。
新しくバージョンアップしたフェイシャル…そのスキルをぜひ
身につけたい、とやる気いっぱいのお2人の参加です。

ちょうど金曜日に、お願いしてあったスチーマーが届きましたので、
そちらも実際に試してのトリートメントレッスンでした。

まぁ…本当に楽しい、心うきうきと弾むレッスンでしたよ~(笑)
やはり女性にとっての『美』…人生を豊かに生きていくためにも
絶対に欠かせない要素ですものね。

年齢によって衰えていく肌、しわ、しみ、たるみ…。
それらはどうしても仕方のないことでもあります。
そして、それもまたその人の人生を示す、素晴らしいものでもあると
私は決してそのことを否定はしません。
その上で…自分の肌というものに向き合って、一生懸命お手入れして
あげたいと思っています。

新しいスキルのハンドテクニック。
生徒さんからあがる感嘆の声…「うそ~、ここのしわ、なくなっている!」
「えーっ、目を開けるのがすごく楽だよ!」
「ちょっとぉ、何だか肌の色が白くなったみたい」

新しいスチーマー体験。
生徒さんからあがる感嘆の声…「ぎゃー、先生、気持ちよすぎる~」
「先生、お願いします。首のところにも吹きかけて!」
「これ、ティッシュオフするのもったいない。すごいローズの香りです!」

ひとつひとつに感激して大騒ぎの生徒さんに、私も思わずるんるん♪
この短時間での効果に、驚きを隠せなかったようです。

美しさ…それは内面を伴ってこそ。癒されてこそ、初めて真の美しさを
知ることが出来る…。
そして、やはり美しさは心と身体を磨く努力であり、癒す努力でもあると
思います。
美しさから手に出来る自信…ぜひ手にしてみませんか?

※スチーマーの準備が整いましたので、改めて新しいフェイシャルのメニューを
ご紹介させていただきます。

・Newフェイシャル・・・約45分 5250円

New・フェイシャル+デコルテ・・・約60分 8400円
蒸しタオル等の時間は含まれておりません。お時間に余裕を持って
お越しいただければと思います。
[PR]

by aromagarden | 2007-06-17 09:55 | 香りの庭へようこそ(過去) | Comments(0)
line

アロマセラピスト夫婦+ワン&ニャンのハッピーライフ


by aromagarden
line
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30