カテゴリ:香りの庭へようこそ(過去)( 97 )


リニューアルいたします♪

『香りの庭』へいらしてくださる皆様へ…

私たちの生活に、ある転機が訪れました。
それは私たちにとってとても幸せなことでもあります。
そして、その出来事に関しまして、皆様に今後お伝えしていくために
ブログをリニューアルさせていただくことにいたしました。

新しい『香りの庭へようこそ』は、こちらをご覧いただければと思います。
こちらのブログは、新しく様相を変えて、近々再度オープンする予定です。
今しばらくお待ちいただければと思います。
もしかしたら、いろいろと変更が出てくるかも知れません。
しばらくの間ご迷惑をおかけします。

生きることはしあわせなこと。
生きることは愛…。

この言葉をかみしめて、私たちも新しい生活へとわくわくしております。
[PR]

by aromagarden | 2007-10-01 16:49 | 香りの庭へようこそ(過去) | Comments(0)

『ありがとう』キャンペーン中

生徒さんとのレッスンの中で、「感謝」について考えることがあります。
感謝の想い…どのような言葉で伝えているでしょうか?

その生徒さんは、つい「すみません」と言ってしまうのだとか。うんうん、
私もそうだったので分かります~。何かして頂いたとき…恐縮する想いで
「あっ…すみません」と言ってしまうのですね。
その生徒さんのだんな様は、「すみませんとありがとうは意味が違うんだよ」
とおっしゃっているのだそうです。

すみません、と、ありがとう。この言葉の違い…どんな違いがあるでしょう。

いろいろと考えてみました。私が感じる、これらの言葉の違い…。
すみません、はまっすぐに相手からの優しさを受け取っていない感じがします。
恐縮は謙虚みたいだけれど、遠慮が前面に出てしまって、相手の方とつながらない
どこか寂しいものも感じてしまいます。
でも「ありがとう」は、すべてを受け入れる、相手へ感謝の想いを受け取る、そして
相手の方との優しさのキャッチボールとなるような清々しい交流を感じます。
もちろん、言葉だけでなくそこに本物の想いがこめられていることは言わぬもがな、
ですけれどね…。

実は、かつて他の生徒さんにその言葉の違いを実験?してもらったことが
あるのです。
普段から会社の方に「すみません」が口癖だった彼女。そこを意識して
「ありがとうございます」の言葉に代えてもらいました。

報告…。
「先生、すごいですよ~。本当に違います。ありがとう、って言ったら相手の
表情が全然違うんです。職場に流れていた空気までもが変わったみたい」

言葉、ってすごいなぁと思います。
そして、普段の生活の中で溢れているだろう「ありがとう」の言葉を使う場面。
どれだけたくさん、この言葉を使っているかしら?
そして、どれだけ心をこめてこの言葉を使っているかしら?

生徒さんと、「ありがとう」キャンペーン実施中です。
家族に、1日5回以上ありがとうを言う…。
これがなかなかハードルが高いのだとか。
それならば継続して、意識して使ってみましょう…。一緒にトライしてみましょう、
とのことで、私自身も「ありがとう」キャンペーン中(笑)

キャンペーンの中で気づくことはいっぱいあると思います。
ありがとう・・・この言葉から見える、普段気づけないものへの感謝…
深く感じられるようになるといいですよね。
[PR]

by aromagarden | 2007-09-21 20:41 | 香りの庭へようこそ(過去) | Comments(0)

勝手に答えちゃいますコーナーVol.1

・・・って、このコーナーは果たして続くのでしょうか?

生徒さんからレッスン中に頂いた質問をもとに、さらに膨らませて
こちらに書かせて頂こうという趣旨であります。
アロマセラピーに興味のある方もそうでない方も…ぜひどうぞ♪

だんだん合成の洗剤を使うのが苦痛になり、何かアロマも使える
いいお掃除方法はないかしら~、とのご質問でした。

あります。

我が家では、合成の洗剤は使っておりませ~ん。
最近では『ナチュラルクリーニング』なるものが巷で流行っているようで、
その手の書籍もたくさん出ていることと思います。
私もそれらの書籍を参考に、そこにアロマをプラスして使わせて
もらっているのですね~。

洗剤は、液体石鹸です。トイレやお風呂はそれぞれのスプレー容器に、
濃い目に水で希釈して入れておきます。
そして、その中に『オレンジ、ティートリー、レモングラス』のどれかを入れます。
上記の精油はそれぞれ汚れ落とし効果があったり、抗菌作用、消臭作用に
すぐれていたり…。
もちろん、香りのリラックス&リフレッシュ効果もありますから、お掃除が
楽しくなってくること、請け合いです。

床拭き、窓拭き用にはもう少し薄めた洗剤・精油ももちろん入れています。
また、植物性出出来た自然派素材のワックスを購入したのですが、これは
汚れをとりながらワックスがけができるというスグレモノ!
それにも同じく精油を使って、ご機嫌で掃除に取り掛かれると言うもの。
お掃除も楽しく出来る…素敵なアロマティックライフを、ぜひどうぞ~♪

※側でバタバタお掃除していても起きない、眠り姫ルン
f0081100_14303030.jpg
[PR]

by aromagarden | 2007-09-19 13:38 | 香りの庭へようこそ(過去) | Comments(0)

アロマセラピスト養成コース クラスレッスン開始

f0081100_17375499.jpg



心と身体、深い癒しを目指す、アロマセラピーのスクール&トリートメント
ルームを、自宅で開いております。

9月より、アロマセラピスト養成コースのクラスが2つ、スタートしました。
毎週火曜日の午前クラス、そして土曜日クラスです。
土曜日クラスにおきましては、午前もしくは夜…と、その都度ご相談しながら
時間を決めております。

この養成コースでは、何よりも『自分自身の癒し』というものを大切に
しながら、レッスンを進めてまいります。
それは、自分が癒されていなければ、他人の癒しのお手伝いは出来ない
からなのです。

人は生きていくうえで、たくさんの傷を心に身体に…負うことがあるでしょう。
その傷を、隠して生きていくことも出来るでしょう。
けれど、傷に蓋をしていても、その傷は癒えないのです。
しっかりと自分自身の傷を見つめて、自分で癒していくことが出来るのです。

人は自分で自分を癒すことが出来るのだと…私たちは考えています。
そして、その可能性はとてもたくさん秘められている…とも。
アロマセラピーという地球からの贈り物、その癒しのツールを通して、
幸せに生きていくこと。
愛を思い出していくこと。
それがこのコースのカリキュラムの、特徴とも言えるでしょう。

そして、癒されて幸せになっていった、
自らの傷を癒す術を学んでいったからこそ…
周りの大切な方への癒しのお手伝いが出来るのだと思っています。

詳細については、私たちのHPをぜひご覧になって頂ければと思います。
また、上記のクラスについては今月いっぱいまでクラスメイトを募集させて
頂いております。
それ以外の曜日や時間帯で受講をご希望される方は、お問い合わせして
くださればと思います。
事前にガイダンスとしてスクールの説明等をさせて頂きます。

優しい香りに包まれて…
自分の中にある優しさや愛に気づいていくこと…
そんな素敵な体験を共にしていける、ご縁を楽しみにお待ちしています。
[PR]

by aromagarden | 2007-09-17 17:28 | 香りの庭へようこそ(過去) | Comments(0)

デジカメ

本日、午前・午後とレッスンを終了した後、生徒さんを途中まで
送りがてら「ヤ○ダ電機」さんまで行ってきました。
今日は、我が家の『年内には購入したいものリスト』のトップに挙がる、
「デジカメ」の調査です。

4年以上前、当時はまだまだ高価?(私たちにとっては…デス)だった
デジカメを、さんざん悩んで買いました。物質に名前を付けて可愛がる
変な癖のある私たち夫婦は、そのデジカメを「クーピー君」と名づけて、
どんなところにも一緒、いろんな写真を撮りまくったものでした。

しかし、あまりにいろんなところに携帯しすぎたのが仇となったのか…。
とうとう数ヶ月前、寿命が来てしまったのでした。ぐすん。
クーピー君にいっぱいの感謝をして、二代目を探し始めたのですが、
もう、びっくり~です。

今のデジカメは、700万画素なんて当たり前なんですね!
手ブレ補正とか、顔にピントを合わせるモードとか、何だか高機能に
なっていて、しばし電気屋さんで興奮していた二人でした。

そして、実はらふぃーが憧れているもの…。
一眼レフタイプのデジカメなんです。
新婚当時…3ヵ月の短期講座でカメラ入門に通ったことがありまして、
そのときのお仲間の方たちとサークルを作り、時々撮影会に行った
楽しい思い出があります。
群馬に来てからは全くのご無沙汰となってしまいましたが、そのときの
名残でしょうか…。
一眼レフのカメラを見ると、無性にワクワクしてきちゃうのです。

いえ、腕前についてはノーコメントです。
とにかく撮るのが楽しかった…それだけですので…(^^)

4年前は、この一眼レフタイプのデジカメは、50万くらいのお値段だったかと
思うのですが、今はなんと10万円を切るものも出てきたようです。
もちろん、我が家の経済事情からして、まだまだ購入は先となりますが、
手に届くくらいになってきたのかと思うと、それだけで嬉しくって!

絵心やアートの才能には皆無な私ですが、カメラを通して被写体を覗いた
ときの、あのなんとも言えない清々しい緊張感や感動が大好きなのです。
被写体に対して、何だか敬意のようなものさえ感じてしまう、あの一瞬。
また…カメラのお勉強が出来たらいいなぁ~と、ふと思いつき、また
ワクワクしてきちゃうのです。

…で、その前に二代目デジカメ君購入計画です。
もっとお手軽で、二人で使えて、初代のようにいつでも一緒に出掛けて
たくさんの思い出を記録してくれるもの…。
今、たくさんゲットしてきた様々なメーカーさんのカタログを検討中。
この検討中のワクワクも楽しいですね。
そうしたら…もっとこの日記にも上手に撮ってたくさん掲載できるかな?
腕前をしっかりと磨かなきゃ、です♪

※こちらは2年前に主人が撮ってくれた、近所のコスモス畑です。
本文とは関係ないのですが、そろそろまたコスモスの季節ということで…
f0081100_1658565.jpg
[PR]

by aromagarden | 2007-09-15 16:42 | 香りの庭へようこそ(過去) | Comments(2)

謙虚になるということ

私たちが所属する団体で出している、アロマセラピスト資格の
保持者の方たちの研修会を、月に1回、開催しています。
そのときに、ある方からこんな質問がありました。

「私は謙虚に生きていきたいと思います。どうすれば謙虚に
なれるのでしょうか?」

謙虚に生きる…謙虚になる…皆さんは、謙虚ということを
どのようにお考えになりますか…?

謙虚、というと、極端にへりくだったり謙遜したり、それが行き過ぎて
「自己卑下」になったり…そんなネガティヴな見方をする方も
いらっしゃるようです。

けれど、私は「謙虚」という意味はとっても強くて、素晴らしい
生き様であると思っております。

謙虚である人…。私の周りには、お手本にしたい「謙虚」で
素敵な生き方をしている人がたくさんいます(そのこと自体が幸せですね)
その人たちに皆共通しているのが

「どんな人の言葉も素直に耳を傾け、受け入れる」

ということです。
自分が、自分の意見は…という自分中心の自己主張は一切しません。
どんな立場の方の意見、それがたとえ自分の生徒さんや子供からの
ものであったとしても、必ず相手のその想いを尊重し、敬意を示して
受け入れているのです。

そして
「言い訳をせずにまっすぐな謝罪が出来る人」でもあります。
どんな理由があったとしても、一切の言い訳なしに、相手のことを
想い、潔く謝罪が出来る人…実は、なかなか出来ることではありません。
ちっぽけなプライドが邪魔をするからです。

真のプライドを持っている方は、深い謝罪が出来る…私はそう思っています。

だから、
謙虚な人は真に強い。
謙虚な人はしなやかです。
謙虚な人は相手を深く思いやれる優しさがあります。
謙虚な人は素直。
謙虚な人は真のプライドがある人です。

私が憧れている、とても謙虚な女性の一人…その方は、大勢の前で
たくさんの講演をされる、ある団体でも大きな立場の方なのですが、
その講演会会場のトイレの洗面台を、そっとお掃除されるのです。
人目につかないところで…。
たくさんの受講者の方たちが汚した、その洗面台を…。

そのことを人づてに聞いたとき、私は本当にその方と出会えて良かったと
思いました。
そして、そのような素敵な生き方が出来る女性になりたいと思いました。

皆さんにとって、謙虚な生き方とは…?
f0081100_16245344.jpg
[PR]

by aromagarden | 2007-09-13 16:08 | 香りの庭へようこそ(過去) | Comments(0)

アロマ de 大掃除

アロマセラピスト仲間の書くブログを、いつも楽しく読ませてもらっています。
その中で、ぴぴぴっと来たもの(表現が古い?)は、ついつい真似を
させてもらってしまいます。

先月、京都校さんのブログにお邪魔して、びびびっと来てしまった日記が
ありました。
皆さんは、大掃除…と言うとやはり年末のイメージでしょうか?
私の中には、大掃除=年末という図式がありました。
けれど、
彼女は8月を年度末と考えて、大掃除にとりかかるのだそうです。
何だかよく分からないのだけれど、私の中に「そうか~そうだわ~」と
深く共感してしまうものがあったのですね。

で、
始めました、大掃除。

レッスン室の床磨きから始まり、トリートメント室、そして
収納庫、靴箱…と、普段簡単にしかやっていないところを
丁寧にお掃除していったのです。

お掃除が苦手…とか、嫌い…と言う方も多いかと思います。
自慢ではありませんが、私もどちらかというと××なほうです。
ですが、ここで強力なサポーター、アロマちゃんの出番です♪

拭き掃除用のバケツのお水に、汚れを落とすオレンジを垂らして
雑巾で絞ってせっせと拭くだけで、かなりきれいさっぱりとなるんです。
オレンジだけではなく、消臭効果のあるレモングラス、抗菌作用の
強いティートリーなども使えるんですよ~。

私は自然派石けん(液体)を拭き掃除用に使っているのですが、
そこにも精油を垂らしております。
香りに包まれていると、苦手意識もどこへやら、楽しくお掃除が
出来てしまうんですね~。
そして何だか、お掃除をしている自分を妙に誉めたくなってしまう、
悪い癖?(いやいや、良い癖ですよね 笑)が出てくるのです。

ところがところが…。
全部の大掃除が変わる前に9月になってしまいました。
あらまぁ。でも、そんなことは気にしません。
大切なのは、楽しんでアロマライフを送ること!
京都校さんにきっかけを頂いたことに感謝しながら、これからもマイペースで
お掃除を続けていきたいと思います。
もしかすると、
このまま正真正銘の「年末」までかかるかも知れませんが…(笑)

※アロマセラピーのレシピについてですが、必ず深い知識を持ったアロマ
セラピストさんにお聞きいただくか、ご自分の自己責任の範囲の中で
お楽しみください。
f0081100_16201069.jpg
[PR]

by aromagarden | 2007-09-11 15:59 | 香りの庭へようこそ(過去) | Comments(0)

継続はチカラなり…

今日、補講のレッスンを受けに来てくださった生徒さんを見て、
素敵なことを発見してしまいました~。

「ねぇ、クローバー(仮名)さん。何だかお肌の調子がよくなってる?」
「やっだ~、先生ったらまたまた誉めちゃってぇ~」
「いや、本当に肌の調子が変わっているみたいだよ」

クローバーさん、照れながらもちょっと嬉しそうに、
「実はお肌の色が白くなってきたかな~、なんて」
と仰ってくださいました。

彼女から予約注文を受けていたフェイシャル用の基材をお渡ししてから、
まだ1ヵ月も経っていないはずです。
とっても熱心にフェイシャルの特訓をされ、ご自分でまず頑張ります、と
所望されて手にしていったそれらの器材&基材。
この間、どれほど彼女はセルフトリートメント・フェイシャル版を頑張って
きてくださったのでしょう。

お世辞でも何でもなく、肌の調子は女性ならしっかりと分かってしまうもの。
だって、お肌ってその人が歩いてきた人生を示す「一冊の本」とまで
言われているのですから…。
だから、クローバーさんの肌の変化は、きっと彼女のいろんな想いの
変化でもあったのでしょうね。
そして、
こちらで学んでくださったことを、何より自分で実践してくださったことが
とっても嬉しいのです。

クローバーさんも資格を取り、すでにお仕事としてアロマに携わって
くださっています。
私たちが大切にしていることは「まずは自分自身の癒しから」
それを、実行してくださっていることなのだと思います。

精油の持つ肌への効能。
心に働きかけ、ストレスフリーへと導いてくれる香り。
アロマセラピーにおける美容は、穏やかな効果ながら、心と身体に
優しい癒しなのです。

さて、クローバーさんと同世代の私も…。
彼女を見習ってますます「オンナ磨き」に頑張りましょう!
継続はチカラなり~。
f0081100_15562365.jpg
[PR]

by aromagarden | 2007-09-09 15:44 | 香りの庭へようこそ(過去) | Comments(0)

癒しのクリスタルセラピー

台風がこちらに向かって近づいてきている悪天候の中でしたが、
初めてのクライアントさんをお迎えすることが出来ました。

ご縁って、本当に不思議なものです…。
たまたまネットサーフしていらして、偶然見つけてくださった私のHPに、
その方がご希望されていたクリスタルセッションがあったこと。
そして同じ群馬県内、お近くの市であったこと。

初めてお会いするとは思えないほど身近に感じてしまうのは、やはり
同じようにクリスタルが大好き…だからなのかも知れません。
クリスタルの魅力はいろいろあるけれど、言葉にならない部分も多くて、
だからこそ、「好きなんです」という一言に、「分かるわ~」と、うんうん
頷いてしまう私がいるのです。

少しずつ認知されるようになってきているクリスタルセラピーですが、
きっとこれから、癒しの方法のひとつとして必要とされる時が来るのだと
思っています。

ひとつひとつのクリスタルを、精油を入れたお水やハーブエキスに入れた
お水に浸して…。
きらきら輝いてきたクリスタルをさらに丁寧に拭いてあげて…。
そんな時間そのものが癒しでもあります。
そして、
このセッションをさせて頂いているときもまた、私自身がとーっても
幸せな気持ちになっていくのです…。

クリスタルを通して、素敵な出会いがまたひとつあったこと…。
激しいお天気とは対極の、穏やかで優しい気持ちになりながら、
出会ってくださってありがとう…の想いが溢れます。
クリスタルセラピー。
これからも望んでくださる方々に、そして家族に、自分に…
いっぱい施術させて頂きたい、癒しのお手伝いをさせて
頂きたいなぁと思うのです。
f0081100_15433520.jpg
[PR]

by aromagarden | 2007-09-07 15:34 | 香りの庭へようこそ(過去) | Comments(0)

足元を見つめる

人間というものは忘れやすい生き物である…と何かの本で読んだような
記憶があります。
忘れやすい…嫌なことは忘れる、それはある意味必要なことでもあるし、
忘れることで人生を生きやすくする、処世術でもあるのかなぁと思います。

忘れたくないこと…それも確かにあります。
そのひとつに、『初心』があります。
初めてのとき…私たちはいろんな『初めて』を経験していますが、そのときの
嬉しさ、喜び、幸せ感…覚えていますでしょうか?

このお仕事を始めて8年以上の年月…。
初めてのレッスン、初めてのトリートメント。あのときの緊張と感動と興奮を
惰性の中で見失っていないだろうか…?私は時々、自分自身に
問いかけるのです。

日々の生活、繰り返される日常の中で、実は当たり前のことなどひとつも
ないこと。
それらに初めて経験したような新鮮な感動と感謝を、私は持ち続けて
いるだろうか…。

持ち続けていたい、そう思っています。

『先生』と呼ばれるようになったからこそ、プロと呼ばれるようになった
からこそ…もっと謙虚に、自分の足元を見つめていきたいと思うように
なりました。
自分自身が弱いこと、未熟であることを、もっと真摯に受け止めて
日々の実践~努力を積み重ねていきたいと思うようになりました。

どんなに遠くの光を見つめていても、その光にたどり着く為には
まず一歩を踏み出さなくてはなりません。
その一歩を確実に踏み出すためには、やはり足元の光に気づいて
いくことが大切なのだと…。

何度も、何度でも。
初心に立ち返りながら…足元を見つめながら…
コツコツと進んでいきたい、その地道な努力が出来るアロマセラピストで
ありたいと思います。
[PR]

by aromagarden | 2007-09-05 23:49 | 香りの庭へようこそ(過去) | Comments(0)