ベルガモットの香りが好き♪

梅雨時になると、どうしてもすっきりとした香りに惹かれます。
ペパーミント、ローズマリー、ユーカリ・・・。

しとしとと雨が降る日の朝、いつものように精油棚から今朝の芳香浴の
香りを選んでいました。
ふっ…と手を伸ばしたのはベルガモット。
何気なく香りを確かめて…
「おぉ、なんていい香りなんだ~!」と妙に感動してしまったのです。

で、その日はどの部屋にもベルガモット(笑)。
単純なんですね、私。

ベルガモットの香りは柑橘系。北イタリアのベルガモという町で生産されて
いるミカン科の果実です。
アールグレイの紅茶の香り付けにも使われているのです。

ベルガモットは、精油の中でもブレンディングファクター(香りの強さ)が
最も弱いとされています。
その儚げな香りがまた…いいのです。
そして、他の香りとブレンドしてその良さが発揮されるという、なんとも
奥ゆかしい香りでもあるのです。

特に目立った理由がなくとも…例えば雨が続いて何となく気持ちがめいって
しまうようなとき。
ベルガモットの香りを嗅いで、ほっとすることがあります。
優しくて暖かいのです。優しく包まれている…そんな感じです。
もちろん身体に働きかける様々な効能もあるのですが、何よりもこの
ベルガモットの香り…私の心がとっても欲していたようでした。
少しだけ、和みたかったのかも知れません。

今日は様々な精油とブレンドしながら、ベルガモットの香りが家中に漂って
いました。
明日の私…どんな香りを選ぶのでしょう。
どんな香りで癒されるのでしょう。
[PR]

by aromagarden | 2007-07-04 22:32 | 香りの庭へようこそ(過去) | Comments(0)