香りと心の関係

現在、桐生市のカルチャークラブにて、アロマセラピーの講座を開講
させていただいております。
カルチャーコースは、プロ養成コースとは違う楽しさのようなものがあって、
私もまた初心に返らせていただきながら、生徒さんと学びを分かち合っています。

今日はこんなことがありました。

ご自分の持っているラベンダーがいい香りではない、とショックを受けられた生徒さんが
いらっしゃいました。
高品質・高エネルギーレベルの精油は、持っているだけでその人のエネルギーを
高めてくれるものですが、同時にその人のエネルギー状態で香りがとても変化する
ものでもあります。

人間は波がある生き物ですから、時として落ち込んだりいらいらしたり、マイナス気味に
なることもあるのです。
そんなとき、精油のエネルギーにも影響が及んでにごった香りのようになってしまう
のでしょう。
そんな体験を、たくさんの生徒さんがしてくださっています。

では、香りがあまりいい状態ではないように変化してしまったら?

実は、そこが大切なのです。香りの変化はある意味メッセージです。自分の心の
状態を映し出してくれているのですから、自分自身のマイナス、ネガティヴな感情に
しっかりと目を向けて、気付かなければいけないメッセージを理解していくのです。

少しお手伝いをさせて頂きながら、その生徒さんの持つ精油の香りが本来の
優しいラベンダーの香りに戻ったとき、その生徒さんはさりげなく言いました。
「私、相手のことを気がつかないうちに見下していたかも知れない…」

香りが運んでくれるメッセージから、自分自身を謙虚に振り返られる、それって
とても素敵なことですよね。
だって、そうやってたくさんの気付きや学びを手にして、どんどん成長していくことが
出来るのだから…。

バロメーターになってくれる精油にいっぱい感謝しながら、この精油の香りを
最高の状態にして使いこなせるアロマセラピスト…私が目指すものでもあるのです。

f0081100_211275.jpg
[PR]

by aromagarden | 2007-01-12 20:51 | 香りの庭へようこそ(過去) | Comments(0)
line

アロマセラピスト夫婦+ワン&ニャンのハッピーライフ


by aromagarden
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31